立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧




「どんどん…」

監督の和田です。

東京は、涼しくなって気持ちのいい天気だが、急過ぎて体調を崩している学生が散見される。
しっかりしてくれよ。

さて、一昨日は大学で稽古し、昨日は基本稽古会。

大学は、9/25(日)から新たな稽古メニューに取り組み、12月までは特に基本稽古と地稽古に注力することとしている。
学生は、気持ちを新たにして取り組んでもらいたい。

そして、昨日の基本稽古会はいつもどおり…と思ったら、原嶋先生(教士八段)が「わだッペ 早く稽古しよう」の一言で、19:30開始のところ19時すぎからフライング気味で開始。
もちろん昨日も、基本稽古では自らの課題にじっくり取り組み、地稽古では相変わらず、かすりもしなかったが、原嶋先生に2回もかかることができた。
原嶋先生との稽古では、自分の剣道が正しくなるような気がするのが不思議なところ。
先生の剣道をもっともっと吸収したいと思う。

ところで、昨日は1つ発見したことがある。
でも内緒!
土曜日の大学での稽古が楽しみ。
ものになったらカキコしようかな。。。

おまけに、両日とも第二道場は楽しかった。
特に水曜日はいつもいくお店の店長が独立するとのこと。
新宿に開業するらしいので、さっそく行かなければ!

と、まぁこんな感じで9月も明日で終わり。
今年もあと3か月。

がんばるべ!
[PR]



by risken | 2011-09-29 22:45 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「イキイキと!」

監督の和田です。

東京はこの三連休、スカッとした秋晴れとなり、気持ちのいい天気となった。

さて、土曜日は休みにも関わらず指導を依頼してきた明広と、中村スタッフを加えて大崎校舎にて基本稽古。
その後は、立正高校にて稽古。

高校生はみな元気がよく、溌剌とした稽古を展開していた。
特に女子の皆さんは力もあり、将来がとても楽しみ。

生徒との稽古後は、高校教員の皆さんとも稽古をして、とても充実した1日だった。
また時間を見つけて稽古に行きたいと思う。

そして、今日は大学生は熊谷校舎道場にて再始動。
一人が法事で休んだ以外は、全員が元気に参加。
この一週間の休みでだいぶリフレッシュできたようだ。

実は、学生はどんな顔をしてくるのか、どんな気持ちでくるのか、若干不安を感じながら道場に向かったが、その心配はまったく無駄に終わり、学生は私が考えているよりも明るく・元気にこの日を迎えていた。
中には、稽古がないと生活のリズムが…などと言う者も。
特に、4年生は今までと変わらず、ひたむきに稽古に励んでいる。
本当に立派な4年生と言える。
これも昨年の4年生が、12月まで後輩と共に汗を流して頑張ってくれたことが、見本になっているのだろう。
いい子供たちである。

稽古の方は、今日は休み明けということで、最初に今までの総括をして、今後はどうして行くべきか私の考えを話した。
その後は、部員自身が自分の心と向き合って、今後の活動に生かすための課題を与えた。
この課題については、詳しくは書かないが、一週間後に提出となる。

ある本の中で、岡田武史前サッカー日本代表監督は、「サッカー選手の場合、体力・技術・戦術など、磨かなければならない要素がいくつもあります。そういったものの下にあるのが「メンタル」です。”下”にあるというのは、土台になるということです。どんなに優れた能力を身につけていても、土台が不安定であればまったく役に立ちません。体力も、技術も、戦術も、「メンタル」がしっかりしていてこそ、初めて生かすことができるものだと私は考えています。」というように述べている。

これを剣道に置き換えても、まったく同じことが言える。
その意味で、今回の課題は、そのとっかかりを部員に感じてもらうものとなる。
自分の「心」としっかりと向き合って課題に取り組んでもらいたい。

それにしても、今日の学生はイキイキと稽古をしていた。
フレッシュな気持ちで稽古に臨めていたのだろう。

今日から、元気に溌剌と、平成23年の後半を突き進んでいきたいと思う。
[PR]



by risken | 2011-09-25 17:16 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「秋の気配とともに…」

監督の和田です。

東京は台風が過ぎて、晴天になるか?と思ったら昨日は午後から雨。
今日もどんより曇り…。

ただ、若干、空が高くなったような気がする。
暑さもそれほどでもなく、秋めいてきたことはたしか。
食欲の秋か…?!。

9/17(土)に女子の大会が終わり、今年の熱い夏は痛みを残して過ぎていった。
たくさんの課題を突きつけられたが、これも目標に向かう過程と捉えて、大まかに言えば力不足を課題として、引き続きレベルアップを目指していきたいと考えている。
男子が終わって2週間、課題はきちんと整理ができた。
あとは、全員が共通認識の下で、稽古を行っていくのみ。

さて、学生は9/18(日)~9/24(土)まで秋休み。
学生も本当に良く頑張ってくれた。
ホッと一息の時間だろう。

私も数か月ぶりに休日に家に入ることから、妻からは「どうしたの?」と聞かれる始末。
いろいろ使われてかえって疲れる。
慣れないことをするものではない(笑)

ところで、休み中にも関わらず、ある学生から「指導をしてほしい」と申し出があった。
今回はレギュラーから外れたことから、次を見据えているのだろう。
こういう学生が出てくるのを望んでいた部分があり、とてもうれしく思う。

そういうことで、明日は大崎校舎で12:30からその学生と稽古を行う。
併せて、せっかくの機会なので、14:00からの附属高校の稽古に参加しようと思っている。
附属高校の先生は、最近は試合の応援や各行事に積極的に参加してくれる。
中高大と一貫して育てれば、10年間見られることになる。
こんな強化のしかたもありだろう。

秋の気配が感じられるようになり、9/25(日)熊谷校舎での稽古から再始動となる。
これからは、新人戦→埼玉大会と後半の大事な戦いに向けたものとなる!

がんばるべ。
[PR]



by risken | 2011-09-23 19:24 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「台風上陸…」

監督の和田です。

今日は基本稽古会。

しかし、台風の接近により、残念ながら中止。

東京は16:00過ぎから大荒れ。
首都圏の交通機関は軒並み乱れた。

私は、普段は千代田線を使っているが、小田急線や常磐線が止まると、千代田線はとたんに運行が不安定になることから、銀座線~大江戸線と使って自宅へ。
途中で街路樹が根本から倒れていたり、街はすごいことになっていた。

こんな感じで、今日は休養。
来週を楽しみにしようと思う。
[PR]



by risken | 2011-09-21 20:35 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「叱咤激励…」

監督の和田です。

東京はどんよりして、とてもむし暑い。

ここ数日、体調を崩していた。
精神的なものが、多分に影響していると思っている。
もちろんこの夏は一日も休んでいないこともあるが…。

それにしても、たくさんの方から叱咤激励をいただいた。
直接言っていただくこともあれば、メールや手紙など。
改めて多くの方に支えられていることを実感。
心にしみる言葉があった。
自分が凹んでいるときに、叱咤激励してくれる方を本当に大切にすべきだと思った。
感謝。

今週は、自分自身を見直す時間としてとても貴重だった。
数ヶ月間急ぎ足で過ごしてきた分、いろいろ考えることができた。

明日から学生・指導関係スタッフでこれまでを評価・反省することとなっている。
多くの方からいただいた言葉を大切にして、評価・反省を次につなげていきたい。
[PR]



by risken | 2011-09-16 23:59 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「ここからだ…」

監督の和田です。

東京は厳しい残暑が続いている。

さて、今回のことをあれから日々考えている。
情けないことだが、私自身はまだ明確な評価と反省ができていない。

前を向かなければいけないことは分かっている。
だからこそ、まずは苦しんでみようと思う。

ここからだ。
[PR]



by risken | 2011-09-14 19:06 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「一からの出直し」

監督の和田です。

東京は厳しい残暑となっている。

さて、昨日は、一年間最大の目標であった関東学生剣道優勝大会が終わった。
結果は、今夏一番の最悪の試合となり敗退。

2年目の今年は、昨年以上に用意周到に準備をして、それがうまく運んでいたので、私自身が何か見落としていたところがあったのだろう。
私自身の甘さが出てしまったと言える。

選手は、「こんなはずじゃない、本当はもっとできるんだ」と思いながら試合をしているように見えた。

努力をしても、本番でその実力を発揮できなければ喜びの瞬間は訪れない。
結果を求めるあまり、大切な心の部分を見失っていたかもしれない。

「心技体」
この三つがバランスがよく調和していれば、自身の持てる力を余すこと無く、もしくはそれ以上に発揮出来ると思う。
剣道ではこの心技体が整って、初めて有効打突となる。
つまり、この三つのうちのいずれかが欠けるか、バランスが悪いとその実力が出し切れないということを表している。

昨日の試合は、現在の剣道部のテーマである「剣は心なり」を悪い意味で体現してしまった。
目標の試合で実力を出しきれず負けた時の脱力感は、計り知れない絶望に近い感情がわくのは事実。
また頑張れば良いと気持ちを立て直すのに、もの凄いエネルギーが必要となる。

しかし、下を向いているいるわけにはいかない。
昨日の敗戦については、いずれ「あのことがあったから今がある」と言えるようにしたいと思う。

一から出直したいと思う。
[PR]



by risken | 2011-09-12 18:00 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「無心の連続を経験するとき…」

監督の和田です。

今日は、関東大会前最後の稽古。

今年も熱い夏だった。
白石市での夏期強化合宿。
その後は、京都遠征、数々の練習試合、そして調整合宿。

4年生の依田と中澤がしきりに「時が過ぎるのが早い」と言っていた。
それだけ充実した日々だったのだろう。

今日のスケジュールは10:00から稽古で12:30から壮行会。
その後は草稽古会。
男子レギュラーは、明日に備えて壮行会で上がり準備となる。

当日は7:30から大学で稽古をして日本武道館に向かう。
私は代表者会議があるので稽古は見れないが、スタッフの薮田と中村が見ることになっている。

この夏も本当にたくさんの方々に支えられていることを実感した。
このことに感謝して当日を戦いたいと思う。

高橋剣道部長から、「準備は整った、あとは試合の中で無心の連続を経験してほしい」との言葉をいただいた。
無心の連続とは本当に素晴らしい言葉をいただいた。

いよいよ勝負の時がきた。
[PR]



by risken | 2011-09-10 00:01 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「大切な時間…」

監督の和田です。

東京は、ここ数日カラッとして気持ちのいい天気だったが、今日はむし暑さが戻った。

さて、昨日は基本稽古会。
原嶋先生ももちろん参加し、熱のこもった稽古が展開された。

今回は、特に面返し胴・面返し面について指導があった。
原嶋先生に見本を見せていただけるが、いつもながら先生の見本は素晴らしい。
同じことをやっているのに、どうしてこんなに違うのか…。

手の内・踏み込み・打つ機会・鋭さ…。

地稽古でも、攻められて・崩されてポコポコポコ打たれてばかり。
かすりもしない…。

そして、第二道場では審査について話された。
内容は目からウロコのことばかり。

まだまだ勉強が必要だということ。
地道に稽古をするしかない。

そういう意味では、基本稽古会は自分のことだけを考えて稽古できる貴重な時間。
大切にしていきたい。

ところで、明後日(9/10(土))は、大崎校舎道場において12:30から草稽古会。
皆さまの参加をお待ちしている。
[PR]



by risken | 2011-09-08 20:33 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「心の持ちよう」

監督の和田です。

台風は大きな被害をもたらしたようだ。
私たち人間は、自然から恵みをいただき、自然から痛みを与えられる。
なんとも考えさせられる。

東京・熊谷は雨が降ったり、風が強まったり、薄日がさしたり忙しい天気だった。

さて、この土日は、男子は調整合宿。
午前中は練習試合を行い、午後から熊谷校舎体育館での稽古。

練習試合は、勝負には勝ったが、試合内容等が悪く、全体的に選手は心の整理が不十分と見た。
そんな状態だったので、午後のはじめはミーティングから入った。
自らとチームについて評価・反省し、選手はチームとしての約束事を改めて話し合った。

私からは、結局は心が体を支配すること。
心の持ち方が定まらなければ、体は動いてくれないこと。
大切なのは「心の持ちよう」だということを話した。

つまり、「勝ちたい」とか「一本取りたい」等と考えて勝てるほど勝負は甘くないということ。
選手は本当はわかっているのだと思う。
しかし、どうにもならない自分がいるのだろう。
それでも、稽古が進むうちに、少しずついい兆しが見えてきた。

そして、日曜日。
午前の稽古には、浅野先生(教士八段)と、地元比企の小柳先生が参加。
小柳先生は、三浦先輩からの紹介で初参加。
その他、浅野・阿部川(H21年度卒)、浅見・田口・学(H22年度卒)の若手卒業生が参加してくれた。

稽古内容は昨日に引き続き。
ただ、これだけの基立ちがいるので、地稽古をタップリ。
いい稽古をいただきました。

午後は試合稽古を中心に調整。
少しずつ試合内容が良くなっている。
心の持ちようが整理できてきたことの現われ。
火曜日の練習試合でどれだけできるかが、試金石となる。

このように短期間でもいろいろな意味で調整に特化した合宿は大きな成果。
1~2年生が9人中7名の若いチーム。
合宿から京都遠征、そして複数回に上る練習試合に調整合宿。
精神的・肉体的な負担を感じているだろう。
しかし、ここを乗り越えないといけない。
今は経験のときである。

小柳先生が稽古後に言ってくださった。
「学生は素直ないい子達ですね。そして、これだけの卒業生が稽古に参加する大学はそうないですよ」と。
素直にうれしい言葉。

勝負には素直さは時に邪魔になるだろう。
しかし、社会人になるための準備をしている学生にとっては、一番大切なこと。
「明るさ」・「素直さ」・「積極さ」は、何事も伸びる要素。

そして、卒業生の参加は、私たち指導関係スタッフにとっては本当にうれしいこと。
いい思い出、後輩を思う気持ち、剣道が好き、どれかがあるから稽古にきてくれるのだと思う。

さあ、あと一週間。
他大学の監督とも先ほど話したが、今はどの大学も静かに決戦のときを待っている。

私が思うに、立正大学剣道部に関係する全ての方に感謝して試合に臨めばいいのだ。
我々が今剣道ができるのは、たくさんの方々が支えてくれているから。
選手が取った・取られた一本は、選手自身のものであり、立正大学剣道部に関わる全ての関係者の一本。

もうすぐだ。。。
[PR]



by risken | 2011-09-05 21:56 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「クライマックス…」
at 2017-08-16 07:00
「たくさんの先生とともに…」
at 2017-08-15 12:15
「一丸となって…」
at 2017-08-14 20:41
「感謝…」
at 2017-08-12 10:18
「行ってきます…」
at 2017-08-04 19:18

検索

最新のコメント

お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16
先日はご多用中のところ、..
by 卯月会主務)鈴宮 at 18:07
明けまして、おめでとう御..
by 卯月会 毛利 at 00:54

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル