立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧




「わくわくと感謝・・・」

監督の和田です。

東京は暖かくなったと思うとやけに寒い日だったり、体調管理の難しい季節に突入した。
憎き花粉も飛び回っているようで…。

私は病院の先生からも「花粉や気温の高低に敏感なようにみえないのにねぇ~」と変な慰められ方をしている始末。
ちぇっ!私はこう見えてもデリケートなんだ。。。

さて、いよいよスタートが近づいてきた。
毎年この時期はわくわくする。
新しい一年生を迎え、それぞれが1つずつ学年があがり、気持ちを新たにスタートしてくれる。

昨年は東日本大震災が起きてイレギラーな対応となった。
今年も事情により若干似たようなイレギラーな対応を必要とする部分もあるが、今年違うのは、新入生がたくさん参加し、部員も増えて活気のある稽古ができること。

当大学の部員は剣道だけを学びに入学しているわけではない、しかし、剣道部の目標が「勝負にこだわりたい」というものであれば、おのずとスケジュールも稽古の内容もそれなりに厳しいものになる。

何かに打ち込めば、遊びたい・旅行に行きたい等、一般の学生より多少の犠牲はいたしかたない。
しかも戦うのは関東にある約100校の強豪たち。
自分達だけの理屈では結果は残せない。

ただ、学生の金銭的な負担はできる限り減らしてあげたいというのが本音。
私も学生時代は剣道にかかるお金は全てアルバイトで工面した。

その意味では、今回は、様々な方がいろいろな面でご協力いただき、相当金銭的に負担を減らしていただいた。
「立正剣道部のためなら」という心意気だけで動いていただいたように感じている。

本当にありがたい。
私はこの方達に感謝するとももに、精一杯稽古に励むことが恩返しだと思う。

あと少しだ!
[PR]



by risken | 2012-02-27 21:03 | 監督 | Trackback | Comments(2)

「剣道で得たものとは…」

東京は晴れていくらか暖かいような気がした。
でもまわりは風邪ぴきだらけ…。

取締役会だは、なんだかんだと仕事が入り、ろくに稽古もできなくて、しかも先週はいろいろ別にありすぎてストレスたまりまくり…というところ。

でもうれしいメールがありました。
来年度入学する方から。

この年になって思うのは、家庭では夫であり親父、社会では職業人、普通はここまでだか、私には「剣道」がある。
自分では趣味の域は超えて、生きて行く中でとても大切なものになっている。

それは剣道そのものはもちろんだが、そこから派生する人との縁。

先週は私自身の指導力のなさがあまりにも明確に出た場面があった。
これは私自身がまだまだ修行がたりないということ。

でも、そのピンチの場面で親身になって対応していただける方が私にはいる。
これが剣道で得たものだと思う。
涙が出るほどありがたかった。

これから大学生になる子にこのような話をしても"キョトン"かもしれないがいつか気がつくだろう。
剣道を続けてほしいものだ。

さて、明日は、基本稽古会。
2週間ぶりになるが、一本一本丁寧に稽古する所存。

がんばるべ!
がんばるべ!

[PR]



by risken | 2012-02-22 00:58 | 監督 | Trackback | Comments(2)

「迷い…」

監督の和田です。

今日の東京はどんよりとした曇り。
多少気温は高いかな?という程度。

トップページでも紹介されているが、送別稽古(2月期草稽古会)、送別会(橘会入会式)はたくさんの参加があり、盛況のうちにお開きとなった。
その稽古の中で、初太刀を迷った場面があった…。

一般の方で初めて手合わせをする方。
なんとなく面を得意としている雰囲気がある。

そして初太刀、、、相面を挑むか、胴に変わるか…などと考えてしまった。
この時点で私はアウト。

結局、相面で乗った形になったが、自分自身の心持ちがまだこの程度かと思うと心が折れそうになったね。
相手がきたら何かしてやろうという「欲」が色になり、「打ってやろう」と思う気持ちが出てしまった。

まだまだということ。
特に初めて手合わせする方だからこそ、この気持ちを捨てるべきだった。
反省の日々。

さて、本日は基本稽古会。
ところが、取締役会の対応でまたまた稽古が出来なかった。

今週土曜日は、この分も稽古に汗を流し、気持ちの稽古もたっぷりしようと思う。
[PR]



by risken | 2012-02-15 23:30 | 監督 | Trackback | Comments(2)

「平成23年度卒業生送別会」

監督の和田です。

東京はいつものように晴れ。

さて、11(土)は平成23年度卒業生の送別稽古(兼2月期草稽古会)と送別会(兼橘会入会式)が行なわれた。

まず12:00~14:30まで稽古が行なわれ、学生の他に高校生と佐口の剣友10名ほどが参加。
道場のキャパに比べて参加者が多すぎて道場内の気温が高くなり、結露が発生して床がすべるほどの熱気。
いい稽古会でした。

学生は稽古を積んできた者とサボっている者の差が歴然としたね。
4月から男子は30名体制になるが、まずは稽古で目立たないことにはどうにもならない。

自主稽古期間はサボるためにあるのではなく、各自が自分の次(3月以降)を考えて行動する期間。
漫然と怠惰な生活をしていたのでは…先が見ている。
1~3年生はよく考えて行動してもらいたい。

あとは、井口先輩からも指摘があったが、打突後につながりがない。
これは私達指導関係スタッフの責任でもあるが、縁の切れない稽古を心がけたい。

稽古の最後は4年生の現役最後の掛かり稽古。
基立ちは、秋田からかけつけてくれた渡部(H21卒)、福岡からかけつけてくれた伊藤(H22卒)のほか、学(H22卒)、浅見(H22卒)、そして高橋主将、内池副将。
4年生も基立ちも頑張ったね。

よく頑張りました。

そして、17:30からは大崎ニューシティにある「謝朋殿」において送別会。
高橋剣道部長、森川会長、私が挨拶をして、薮田スタッフの乾杯、卒業生が1年次に4年生だった青木(H20卒)・田村(H20卒)から卒業生に激励、そして佐口(H3卒)の万歳三唱で締めくくった。

笑顔あり、涙あり、とてもいい送別会が出来ました。
4年前から比べれば本当に立派に成長してくれました。

それにしても、遠くからかけつけてくれた先輩、そして何よりも同期。
大学を卒業しても剣道部で得た「絆」は今まで以上のものになるでしょう。

たった4名という少ない人数ながら、精一杯やりきった4年生ではなかったと思います。
4年間本当にお疲れさまでした。
そして、ありがとう。
立正で学んだことに自信を持って、社会人として成長してください。

ただ、困ったときや悩んだとき、さびしくなった時、私はいつでも道場にいます。
遠慮せずいらしてください。
まってます!

○卒業生との一枚。
d0171548_1658152.jpg

[PR]



by risken | 2012-02-12 17:05 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「本当の意味のスタート」

監督の和田です。

東京は晴れてはいるが寒い日が続いている。
乾燥もしているのでオフィスにもインフルエンザが続々出てきた。

今日はウエザーニュースの号外で、東京は花粉の季節に突入したとのこと…最悪だ。。。
5月まで鼻水とくしゃみに悩まされることになる。

昨日の基本稽古会。
先週に引き続き多数参加。

一生懸命に声を出して、体を大きく使い、肩を大きく使って打ち、、、、一本一本丁寧に基本稽古を行った。
自身の課題についても、しっかり意識して稽古をした。

でも、しっくりこない。。。
一度ついた癖を矯正するのは難しいものだと改めて思う。
地道に繰り返すしかないということ。

ところで、昨日は明広が初参加。
大人達に混じって、緊張感をもって稽古していた。
いい経験になったことでしょう。

これからも地道に参加することで、もっと剣道が良くなっていくでしょう。
プラス、様々な職業の大人と会話することで、剣道以外の部分で成長をすると思う。

いずれにしても毎回参加することで掴めるものがあるはず。

さて、土曜日は卒業生送別会。
立正の4年間を経て、いよいよ社会に羽ばたく4年生達。
ここからが本当の意味でスタートだ。
[PR]



by risken | 2012-02-09 20:58 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「課題満載(トホホ…)」

監督の和田です。

東京は昨日の夜から久しぶりの雨。
少しは潤った感じ。

この土曜日はパワフルな1日を過ごしたわけだが、相変わらず仕事もパワフル…。
ここ最近は毎日4~5時間の残業(トホホ…)。

さて、4月から入学する子達からここ最近連日連絡がくる。
内容は「春合宿に参加したいと思っています。」というもの。

私からは、入学前ということもあり無理はしないように話してはいるが、直接本人の場合もあれば、親御さんや高校教員からも連絡があるので、うれしくないわけがない。
やる気が湧いてくるというもの。

新入生の皆さん待ってるよ!

明日は基本稽古会。
土曜日に指摘された左手の使い方や、懸案となっている打突時の悪い癖を意識して取り組んでいきたい。

でも…たくさんあるんだよね。
課題が。
満載だよね…。

1つ1つ地道にというところ。。。
がんばるべ。
[PR]



by risken | 2012-02-07 23:41 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「パワフルな1日…」

監督の和田です。

東京は晴れてはいるが乾燥して寒い…。
おかげでインフルエンザが劇的に増えているようだ。

さて、この土曜日はいつもの事ながらパワフルなスケジュールだった。

8:00に自宅を出発、中央線で国立へ。

まず10:00~12:00の間は慶多・高安の強化対策。
今回で5回目。

この日は大崎校舎が入試で使用できないことから、国立の郵政研修センター道場をお借りして実施。
いつものメンバーは所用があり参加できず、私と薮田スタッフの2名で指導。

2人とも毎回少しずつ良くなってきたことが分かる。
特に「意地」と「張り」が出てきた。

次回、2/11(土)の午前中が最後。
最後まで頑張ってもらたい。

13:00~16:00までは、郵政の定例稽古会。
もちろん慶多・高安も参加。

まずは1時間タップリ基本稽古。
内容は水曜日の稽古会を少しアレンジしたもの。

その後、休憩を挟んで2時間程地稽古。

この稽古の中で、郷里の先輩で既に退職している先生から左手の使い方についてご指導をいただいた。
この先輩は、前回の八段審査で二次まで進んだ方。

まったく考えていなかった部分なので、全てを理解しているわけではないが、なんとなくイメージはわかる。
次回の稽古で意識して取り組んでみたいと思う。

それよりも気になったのは慶多。
まだ「打ちたい」という気持ちが先走り、攻めが単調になり、一本調子で出てしまう。
もっともっと"がまん"や"溜め"を意識してもらたいところ。

そして最後は19:00~21:00の間、横浜市の某道場で指導。
この道場の館長とは知り合いで、以前から「指導してほしい」と言われていたもの。
私と薮田スタッフが参加。
学生の稽古が始まるとなかなか時間を作ることが難しくなるので、強行スケジュールとなった次第。

この日3回目の稽古…まったく好きだね。

この道場は、赤の他人があるバーで飲んでいて、ひょんなことから剣道談義に花が咲き、「じゃやるべ!」的なのりでできた道場。
成り立ちは面白いが、実際の稽古を見ると、なんのなんの皆さん真剣に剣道に取り組んでいる。

つまり、我々の水曜日の基本稽古会と一緒。
この"場"を自らを高めるための"場"としてしているということ。

そこに初めて参加したわけだが、薮田をアシスタントにして、水曜日の稽古内容を指導。
皆さん真剣に取り組んでくれて、指導前と指導後では打突の感じがまったく違うと言ってくれたね。
うれしいね。

その後はこの道場のメンバーと懇親会。
気持ちのいい方々と楽しいひと時を過ごせました。

いつもながら私らしい休日。

今日はおかげで以前故障した箇所が疼いている。
特に右ひじは剥離骨折しているからね…。
あとは左足は過去故障だらけ。

今日はケアの日にしてます(トホホ…)。

うれしい連絡が一点。
昨年卒業した福岡の伊藤くんから連絡あり。
今日の審査会で四段を取得したとのこと。
私が卒業にあたり、「四段を取ることも君の卒業の条件だ」と話していたのだが、「監督との約束を遅くなりましたが果たせました。これでやっと本当に卒業ですね」だと…涙が出そうになった。

私との会話を覚えていて、少しずつ努力していたのだろう。
2/11(土)の送別会も参加してくれるようだ。

こんな教え子を持てて幸せだと感じた日だった。
[PR]



by risken | 2012-02-05 18:01 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「成長できる"場"というもの」

監督の和田です。

東京は寒くカラカラに乾いている。
湿度10%台が続き、明日は氷点下だってさ…。

おかげでインフルエンザに罹患する方が増えてきたので、私は電車やオフィスでは基本的にマスクで予防。

さて、昨日の基本稽古会。
参加者がいつの倍(どうした?)。
原嶋先生も早々にスタンバイ。

ピリピリしたムードで、各自が最初から最後まで自らの課題に取り組み、真剣な稽古ができたと思う。
特に大事にしている面打ちについては、何回も繰り返し繰り返し行い、先生から途中で各自に指導が入り、それをなんとか改善しようと皆が取り組んだ。

稽古後は頭と体をフルに使ったことがわかる。
疲労度が半端ない。
この寒いのに汗だく。
それでも、清々しい気持ちでいっぱい。

それにしても、先週指摘された課題を意識して稽古に取り組んでいるにも関わらず、また指摘される始末(トホホ…)
学生時代に試合を優先してきた"つけ"というか、悪い癖というのは治らないものだと痛感。

たしかに、飲んだ後のラーメンという悪い癖、飲み過ぎる悪い癖は治らないのよね…違うか?

とにかく正しい稽古を数をかけて改善していくのみ。
がんばるべ!

ところで、稽古後はいつものように近くの居酒屋に行って反省会?をしたが、改めていい仲間だなぁ~と思った。

この稽古会は、郵政だけなく、KDDI、野村総研、会社経営等、様々な職業の者が「剣道」というものを通じて高めあっている。
この稽古会を自らが成長できる"場"と位置づけているのだろう。

こういう場を持てていることに感謝というところ。
来週もまた楽しみ。

今週は、土曜日に国立で午前中に強化対策、午後から郵政の定例稽古会。
いい稽古ができそうである。

自主稽古期間を過ごしている学生も頑張っていることでしょう。
監督もがんばってるぜ!!
[PR]



by risken | 2012-02-02 22:29 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「気を抜かず…」
at 2017-11-20 21:47
「壁…」
at 2017-11-17 20:50
「挑む…」
at 2017-11-13 20:10
「濃い…」
at 2017-11-09 00:14
「課題…」
at 2017-10-30 20:09

検索

最新のコメント

お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16
先日はご多用中のところ、..
by 卯月会主務)鈴宮 at 18:07
明けまして、おめでとう御..
by 卯月会 毛利 at 00:54

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル