立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧




「仲間 そしてGW中のスケジュール」

監督の和田です。

東京は相変わらず突然の雨降り…昨日は傘を買ったら雨がやんだ。

昨日は毎週定例の基本稽古会。
その中で、人事異動によるひとつの別れがあった。

平成21年からかんぽ生命に出向していた山ちゃんが5/1付けで出向元に戻ることに。
山ちゃんは、剣道の他に北辰一刀流を学び、剣道に関する書物を多く読み、時代背景や剣道に関する言葉等、剣道を文化的な側面からも追及している剣道家。
しかも原嶋先生の剣道に心酔し、毎週一緒に学んできた仲間。

私も彼から多くの影響を受けた。
しかも、彼は早稲田大学剣道部で私の高校の後輩と先輩・後輩の仲という気安さから、ずいぶん飲んで剣道談義もした。
早稲田との練習試合も橋渡しいただいた。

うちの秋田や宮城での夏期合宿にも参加していただき、随分、学生もお世話になった。
今後は渋谷区内のオフィスで勤務するとのことなので、稽古にもそこそこ参加できるだろうということで安心しているが、毎週そこにいないのは寂しいもの。

でも剣道をしていれば必ず剣を交える機会がある。
お互いに切磋琢磨し、成長して次は会いたいと思う。

◎山ちゃんを囲んでは原嶋先生と。
d0171548_22122262.jpg



さて、既にGWに突入しているうらやましい方もいるかもしれないが…剣道部の予定を以下にお知らせする。
時間を作って是非、稽古に応援にきていただきたいと思う。

恒例の立ち切り稽古も行うので、よろしくお願いしたい。

【主なスケジュール】

・4/29(日) 練習試合(拓大)
 10:00~12:30

・4/30(祝) 練習試合(東海大等)
 09:00~13:00

・5/03(木) 熊谷校舎道場
 ① 09:30~11:30 午前稽古
 ② 13:30~16:00 練習試合(城西大)

・5/04(金) ①・② 熊谷校舎道場、③・④ 熊谷校舎体育館 
 ① 09:30~11:30 午前稽古
 ② 13:00~13:30 立ち切り(女子) 
 ③ 14:00~15:30 立ち切り(男子)
④ 15:45~16:30 地稽古 

・5/05(土) 熊谷校舎道場
 ① 09:30~12:30 午前稽古
[PR]



by risken | 2012-04-26 22:15 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「地稽古と掛かり稽古…」

監督の和田です。

東京は晴れたと思うと突然の雨降り。。。
安定しない天気が続いている。

今日は大崎校舎の稽古。
いつものように内田先輩も道場に仁王立ちになり指導。
今日は依田(H23卒)も参加してくれた。

学生は声も出て、いい雰囲気の中で稽古していたが、学生同士の地稽古が甘いと感じた。
間合いの攻防から打突までの流れは以前に比べればずっと良くなってきたが、ひとつの打突後、二つ目三つ目の打突の間が抜けている。

つまり、緊張感のある地稽古になっていない。
気を抜いているということ。

地稽古をする際に、今はどんな場面を想定しているのか?どんな試合をするのか想定していないから緊張感がない。
地稽古のやり方を変えていかないともうひとつ上にはいけない。

あとは、掛かり稽古に創造性が乏しい。
面打ちと体当たりばかり…。

私が高校生のときの指導稽古会で、秋田の岩谷文雄先生(範士八段)がおっしゃっていたが、掛かり稽古は打ち込み稽古と違い打つところが決まっているわけではないから、基立ちの先生が瞬間的に出した技を返したり、のったり、時には片手半面だって出していいのだ。とにかく創造たくましく瞬間・瞬間で判断をして、いろいろな技を出しなさいと。

当時はそんなものかなぁ~と半信半疑だったが、今はその意味がとてもよくわかる。

以上、今日は地稽古と岩谷先生の話を含めて掛かり稽古について指導となった。
明日からの稽古に生かして欲しいところ。

それにしても、1年生の樹・雅貴・秀和が懸命に稽古にくる。
友成も面を新しく購入し、張り切っている。

4人ともいい物を持っているし、将来が楽しみ。
今は焦らずに、まずは"さび"=悪い癖を矯正し、次なるステップに進めるように準備してもらいたい。

実は、私はちょいと左ふくらはぎを痛めていたので、そろそろと稽古していたが、つい本気に。
やっぱ痛て~。

明日は基本稽古会。
なんとかなるべ。
[PR]



by risken | 2012-04-24 23:20 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「新入生歓迎会 他」

監督の和田です。

東京は相変わらずの曇天。。。

昨日は、午前は仏教系大学大会の実行委員会打合せ、午後から4月期草稽古会、そして新入生歓迎会が行なわれた。

10:30からの実行委員会には、卒業生と学生が合わせて20名程度参加し、各担当部から現在の対応状況を説明し議論。

会場もなんとか決まったし、これからはより具体的な作業に入ってくる。
きちんと対処していきたいと思う。

13:30は4月期草稽古会。
立正高校の百瀬先生ほか、15名の高校生も参加。

高校生は関東予選前ということで、学生が基立ちになり、まずは40分程度高校生の相手。
いい稽古をしていました。
来週は頑張ってね!

その後は学生、卒業生、高校生と全部で60名ぐらいで稽古。
芋を洗うようでした…。
私は90分くらい基立ちとして稽古を行い、たっぷり汗をかいたね。

稽古後は、1年生を対象にミーテイング。
私の自己紹介、指導理念や方針、大学生と高校生の違い等について話しました。
皆さん真剣に聞いていたね。

最後は新入生歓迎会。
大滝橘会会長と私が挨拶をして、乾杯は薮田スタッフ、1年生に激励の言葉として雄一(H14卒)、最後の万歳三唱は佐口(H3卒)。

高橋先生は学会のため遅れてきたので、会の途中でご挨拶をいただいた。
とても良かったのは、新入生一人ひとりの名前を呼び、将来の夢を問いかけていたね。
1年生は緊張の面持ちで全員の前で発表したけれども、初心を改めて思いだしたでしょう。

そして、今年も二桁の新入生が入部してくれた。
これで二年連続。

平成21年には部員が20名を切るという存亡の危機があったが、この3年でなんとか36名まで回復。
ここにくるまでには、本当に大変だったが、皆が努力をして積み上げてきた結果だと思う。
なかには「人数だけ増えても…」などと言う方がいるかもしれないが、人数がいなければ部は機能停止となり、存在がなくなってしまう。

今はやっと剣道部は形になってきた程度。
まだまだ根が張っているわけではない。
これからも部員を安定的に確保し、その中で段階を経て中身の充実に努めていきたいと思う。

それにしても、新入生歓迎会は笑顔になれる瞬間が多い行事である。

とにかく、新入生諸君の今後の奮闘に期待しつつ、我々指導関係スタッフは、大事な息子や娘を預かっていることを肝に銘じて、これからの4年間、稽古と剣道部の活動を通して、新入生の人間力を高め、社会人として立派にやっていけるように育成していかなければならないと、改めて誓った。

がんばるべ!!

◎内池副将 開会挨拶
d0171548_17461411.jpg


◎私・薮田スタッフ・牧野女子コーチとともに
d0171548_17464435.jpg


◎高橋先生から一人ひとり問いかけの時間。そして杏人発見!!
d0171548_17465962.jpg


※ちょっとボケててごめんなさい。
[PR]



by risken | 2012-04-22 17:51 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「4/21(土)は4月期草稽古会&新入生歓迎会だべ!」

監督の和田です。

東京はどうもスッキリしない肌寒い日が続いている。

水曜日は基本稽古会。
過去最高の参加者の中でいつものように丁寧に基本稽古。

65才の七段の先生から三段の学生まで、幅広い年代が愚直なまでに基本稽古に励んでいる。
求めている者の集まり。

これは卯月会の皆さんも一緒。
学生時代は毎日稽古することがどれほど恵まれている環境にあるか考えもしなかったが(この鈍感さで私は弱かったのね…)、今は稽古できる環境と時間、家族の理解、求める仲間に感謝の気持ちで一杯。
これが水曜日の基本稽古につながっていると思う。

卯月会の主将も同じようなことブログでつぶやいてたっけ…。

さて、土曜日は4月期草稽古会と新入生歓迎会。
明日は立正高校の生徒も10数名参加予定。
なにやら大先生も参加するとか…貴大・佑樹…かからねば(笑)

以前も書いたが今年の新入生は例年になく地方出身者が多い。

◎新入生の親御さま

別途、新入生歓迎会の写真を何枚か掲載したいと思いますのでご期待ください。

今後、このブログがご子息の生存している?元気にしているか確認する場になってもらえればと思います。
いい子!は名前入りで誉めて、悪い子!?も名前入りで叱って、明らかにしていきます。

うちの自慢は、歴代の卒業生は皆、最後の送別会の一言で「立正大学剣道部で頑張ってきて良かった」と言って卒業していることです。
いずれは、時間を作っていただき、試合観戦や稽古見学に是非、足をお運びください。
実際に見ていただくことで分かっていただけると思います。
お待ちしております。

なお、歓迎会では、当然のことながら未成年はノンアルコールです。
アルコールは、肝臓を2つ持っているような成人学生と卒業生達がいただきますのでご心配なく。。。

さあ、がんばるべ!!
[PR]



by risken | 2012-04-21 00:44 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「ひと雨ごとに…」

監督の和田です。

東京は不安定な天気で午後は雨降り。
帰りは肌寒くなっていたね。

今日は大崎校舎にて稽古。
浅野(H21卒)、浅見(H22卒)も参加。
特に浅見は基本稽古から学生とともに汗を流していたね。

残念だったのは学生の基本稽古のあり方。
日・月と2日間offで、気がまとまらなかったのか、気迫が足りない…。
基本稽古のための稽古をやっているように感じた。

稽古途中、稽古後にその点については話したが、明日以降、もっと意識を高めて基本稽古をしてほしいところ。

この他、杏人と史也は立正高校の稽古にも参加して2部稽古(お疲れさま)。
立正高校の三浦先生から、学生を数名貸してほしいとのリクエストに答えたもの。
杏人と明広は金曜日にもお邪魔する。

こんな風に高校・大学が協同していくことはとても大切なこと。
来年4月から中高は馬込に校舎ごと移るが、これからも継続していきたいと思う。
今週土曜日の4月期の草稽古会にも高校生は参加してくれるようだ。

さて、明日は基本稽古会。
課題多し、、、

それにしても、東京はひと雨ごとに春が深まり、もうすぐ新緑の季節がやってくる予感をさせている。

剣道部も青葉のようにさわやかに、明るく頑張っていきたいと思う。
[PR]



by risken | 2012-04-17 23:22 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「お尻に火が…」

監督の和田です。

東京は、金曜・日曜は春爛漫の晴れ、土曜は一日中雨という状況。

金曜は人間ドック。
結果は2~3週間後に郵送される。

ドックは11時に終わりそこから眼科へ。
8月以降、コンタクトをつけたときの調子が悪く、剣道のときだけコンタクトをつけていたが、普段でもメガネはどうも不便。
結果は左のレンズに問題があり買い換えるハメに(トホホ…)。

最後は整形外科へ。
右ひじの剥離骨折の具合を診察。
いい加減に手術したら?と言われたが、二ヶ月も休んでられない。
まぁなんとかなるでしょ。

そして熊谷へ。
熊谷の道場が狭く感じたね。
人数が多くなりうれしい悲鳴といったところ。

土曜日は朝から肌寒く雨降り。
それでも元気に午前・午後と強化稽古。
授業の関係があり、全員が揃うことはなかったが、それなりにいい稽古ができました。
今回も、薮田スタッフ、坂田スタッフ(H17卒)、雄一(H14卒)、学(H22卒)が稽古に参加してくれた。

内容は午前・午後と基本的なことを中心に稽古したが、何よりも肩を使って大きく振ることと、打突の前の段階をレベルアップするよう考えて取り組むことを徹底させた。
ただ、どうしても勢いだけで打突してしまう傾向があるので、これからも徹底させたいところ。

ところで、試合稽古も少しだけ取り入れたが、享平・熊・友宏(杏人は授業により不在)が、初戦でいずれも1年生に不覚とった。
私はあえて何も言わずに試合内容だけに特化して話したが、雄一くんからはカミナリが落ちたね。。。
内容はとてもシンプルで、しかし、とてもいいことを言ってくれました。
学生はピリッとしていたね。

学生も言われてから理解するのでは遅い。
反省することはもちろん大切だが、その前に、試合に・勝負にどのように臨むのか、自らの気持ちの整理を短時間で行い、貪欲に勝利を追及する姿勢がほしいところ。
これから、東海大・拓大等と練習試合を控えているが、こういうところも練習試合を重ねていく中で修正していきたいところ。

さて、来週土曜日(4/21)は、草稽古会と新入生歓迎会。
新入生のお披露目会。

今年は体格はそれほどでもないが、メリハリのあるいい剣道をする子が多く入ってきた。

試合稽古でもわかるとおり、上級生はお尻に火がついてきたね…。
下からの突き上げが一番きつい。

もう既に9月の優勝大会の選手選考は始まっている。

※稽古風景
~狭くなってきた…
d0171548_1742619.jpg
d0171548_1743674.jpg

[PR]



by risken | 2012-04-15 17:09 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「学生とともに!」

監督の和田です。

東京は春うららかな日々が続いている。
次は5月新緑の季節。
気持ちのいい日々が続く。
あとは花粉さえなければ…なおいい。

今週は火・木と大学の稽古(大崎校舎)の稽古に参加。
水は所用があり基本稽古会に参加できなかったが、火・木と学生とともに稽古が出来たということで◎というところ。
火は浅見(H22卒)が、木は内田先輩(S44卒)と原(H8卒)が参加。
内田先輩、声を張り上げて学生指導に一生懸命。
ありがたいね。

さて、明日は1年に一回の人間ドック。
今までは体重が重い以外は全て基準内。
明日はどうなることやら…。

ドックは午前には終わるので、明日は熊谷に稽古に行く予定。
まだ会えていない新入生もいるのでとても楽しみ。

土曜日はそのまま熊谷で強化稽古会を実施する。

今週末も学生とともに がんばるべ~
[PR]



by risken | 2012-04-13 00:06 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「卯月会と選手選考」

監督の和田です。

今日の東京は5月並みの陽気。
でも昨日の熊谷は花冷えで寒かった。

土曜日は卯月会が来校。
7名の方が参加し、当方からは薮田スタッフ、浅野(H21卒)、浅見(H22卒)、明広が参加。

水曜日の基本稽古会で行っている稽古を中心に、みっちりと2時間半ほど行なった。
肩を使って大きく振ること、構え・打突時に腰を立てること、そして一本一本丁寧・ゆっくりと打突することを繰り返し行なった。

かなり筋肉痛になったのではないかと思う。
それでも皆さんは、真剣に、工夫をして取り組んでくれました。
ある意味、稽古会というよりも研究会的な感じでした。

その後は、いつもの"ゆえん"で親睦会。
楽しいひと時を過ごすことができました。
剣道によってつながった縁。
大切にして、またの機会を作りたいと思う。

なお、井口先輩から参加の電話があったときは既に稽古終了後…すんません。
今度は早めにご連絡いたします。

日曜日は熊谷校舎体育館にて関東学生剣道選手権大会の選手選考。
選考には何人かの新入生も参加し、男子30名ほどで9:45から選考開始。
数年前の倍の人数で選考ができるうれしさをかみ締めた。

そして、卒業生は田村(H20卒)、浅野(H21卒)、浅見(H22卒)、学(H22卒)、高橋絢(H22卒)、依田(H23卒)、池田(H23卒)などが駆けつけてくれ、審判や学生の稽古相手を務めてくれた。
特に、午前の第1次選考、午後からの最終選考の約5時間、長時間にわたり審判を務めてくれたことで、学生は選手選考に集中することができて、本当に感謝している。

余談だが、依田から「社会人になって日曜日に稽古にくることがこんなにも大変だったとは…毎週くるのは大変なことなんですね」との発言があった。
やっと分かったか!
まぁ、歴代の卒業生もみな一緒で、自分が卒業すると分かってくれるのだよ…ありがとう。

さて、試合はここ最近の選考の中では、もっとも白熱した戦いが繰り広げられ、選考にあたり甲乙つけがたい者が何名かいて、中村スタッフともっと出場枠がほしいと真剣に思った。
特に、第1次選考では、3つのグループの中で、Aグループでは、樹(仏1・秋田商業)、Cグループでは秀輔(法1・新潟明訓)が先輩達を抑えて1位通過し、その他でも、今まで選考の当落線上にいた懸人(仏3・大森)、政紀(法2・高島)、佑樹(社福2・立正)が最終選考に残るなど、新しい力も台頭してきており、改めて底上げが出来てきたことを証明してくれた。

今後ともこの方向性を保ちつつ、平常の稽古から学生一人ひとりがもっともっと高い意識をもって稽古を積むことで、目指すべきところが高くなるのだと思う。

ただし、学生には是非、修正してほしいところがある。
まずは試合での所作について。

礼や審判の判定に対する態度は特に修正を要する点。
また、試合を見ているときの態度がもうひとつ

こういう部分を疎かにしていると、せっかくの試合も台無し。
どんなに実力があっても、勝っても、所作や取り組む姿勢がもうひとつであれば評価はされない。
評価といものは他人がするもの。
是非、そういった部分も成長してほしいと思う。

最後に5/13(日)、日本武道館の戦いに臨む者は以下のとおり。

・内池 享平(営3・修徳)
・毎熊 祥平(文3・横浜創英)
・佐々木杏人(仏2・秋田商業)
・野原 友宏(法2・埼玉栄)


選手は、まずは自分のために、その次に出場できない仲間のために、しっかり準備をして全力で戦ってもらいたい。
特に、今回の選考で外れ、実際に涙した者がいることを忘れないでほしい。

あとは、選手になれなかった者は、今までの取り組みを評価・反省し、次の目標を定めて、地道に稽古を繰り返して欲しいと思う。
きっとうちの学生達はやってくれると信じている。
[PR]



by risken | 2012-04-09 22:19 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「楽しみだね…」

監督の和田です。

今日の東京は晴れてはいるが、"ひんやり"した空気。
帰宅するときは寒かったね。

明日は2月あたりの気温というから温かくしなければ…。

さて、明日は「卯月会」という、中村スタッフが関わっている横浜市の剣道サークルの皆さんが来校する。

職業も年齢も皆バラバラ。
皆さんほとんどが、ある一定の時期まで稽古をしていたが、仕事の都合などで一時中断して再開した、いわゆる"リバ剣"。
最初は稽古ができるだけで満足していたものが、真剣にやればやるほど、稽古の取り組み方に欲求が増してきたとのこと。

一度稽古にお邪魔したことがあるが、地元の数箇所あるスポーツセンターを地道に予約して、日曜日の夜に稽古をしている。
本当に真面目に、真剣に取り組んでいる姿は剣道のあるべき姿だと思う。

勝負や昇段だけに捉われているわけではない、純粋に剣道を人生の「糧」として稽古に励んでいる。
私はこの会が大好きである。

そんなわけで、明日は13:30から卯月会のメンバーと大崎校舎道場で基本稽古会を行う。
いつもスポーツセンターでは使用時間2hというルールに縛られているため、明日は思う存分取り組んでもらいたい。

その後は、いつものゆえんで親睦会。
浅野・浅見・明広も参加するとのこと。

楽しみだね。
[PR]



by risken | 2012-04-07 01:18 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「"本気"とは」

監督の和田です。

東京は快晴!
まるで台風が過ぎた後のような状況。

今回は「爆弾低気圧」というらしいが、各地で大きな被害が出たようだ。
秋田でも雨風で大規模な停電が起きた。

さて、昨日は基本稽古会。

いつものように原嶋先生からみっちり指導を受けた。
早めに仕事を終えて、悠々と道場で着替えていたら先生登場!
ちゃっちゃと着替えて素振りを始めている。
まずい…。

素振りから基本稽古まで全て一緒に稽古していただきました。

昨日は「構え」を修正いただいた。
私の左の位置が納まっていないということ。
もっと意識して取り組まなければならない。

昨日は佐口が初参加。
参加者が真剣に取り組んでいる姿に目を丸くしていたね。

そんな中、唯一の学生である新2年生の明広は、今年から真面目に、積極的に参加している。
自ら望んで稽古に参加しているもの(私から誘ったわけではない)。

そのせいか、とても"くせ"のある剣道をしていたが、今はその"サビ"を落としている状況であり、少しずつではあるが、打突や姿勢が良くなってきている。
本人が意識をして稽古に臨んでいる証拠。
「意識する」ことの大切さを教え子から学ばせてもらった。

ところで、日曜日は熊谷校舎体育館で、5/13(日)に日本武道館で行なわれる関東学生剣道選手権大会の選手選考を行なう。
男子の選手枠は4名。
その枠を約30名で争うことになる。

どんな試合が展開されるやら。
"本気"で目指すものだけが選手になれるのだと思う。

若手の卒業生も多数審判として参加してくれる。
楽しみだ。
[PR]



by risken | 2012-04-05 22:26 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「寒いのはダメ…」
at 2017-09-21 06:24
「女子大会報告…」
at 2017-09-20 00:20
「完敗…」
at 2017-09-13 00:49
「信じて…」
at 2017-09-04 21:38
「大会案内」
at 2017-09-02 21:15

検索

最新のコメント

お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16
先日はご多用中のところ、..
by 卯月会主務)鈴宮 at 18:07
明けまして、おめでとう御..
by 卯月会 毛利 at 00:54

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル