立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧




「がっくし…」

監督の和田です。

東京は曇天が続いている。
そろそろ嫌な梅雨の時期がやってくる…。

今日で新緑の季節である5月も終わり。
もう6月かぁ~てな気分。

世界大会の結果が全剣連のHPに掲載されている。
日本の完全優勝とのこと。

国を代表して戦うプレッシャーたるやすごいものだろう。
そのプレッシャーをはねのけての結果は立派。

ただ、今回の日本VS韓国の決勝についてはいろいろな批評があるようだ。
私もYOUTUBEで見たけどね…。

さて、昨日は基本稽古会。

熱が入ったね。
集中しすぎて息が切れた。

そして今後の稽古で特に必要だと思ったものは、当たり前のことだが常に先をかけることと、攻め気を緩めないこと。

昨日は新六段や七段同士の稽古でも、常に先をかけて、攻めに緩みがないようにしたらとても具合が良かった。

でもこれは難しい。。。
疲れ方が半端でない。

でもこれを常に続けられるようにならなければ次の目標は達成できないということ。

それにしても、トップページある稽古の写真を見てがっくし…。
前傾姿勢で剣先も高い。

どんなときも意識を高くしなければと猛省しているところ。

土曜日は次男の運動会で稽古はできないが、日曜日は熊谷で稽古するので、特に意識したいところ。

がんばるべ~。
[PR]



by risken | 2012-05-31 21:26 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「天気がおかしいような…」

監督の和田です。

東京は急に空が暗くなり突然の雨降りというのが続いている。

さて、土曜日は5月期草稽古会。
そして、高橋先生と坂上副部長による部員の面談も行なわれた。

草稽古会の方は、私と浅見(H22)、哲、岳志は仏教系大学大会の会場の下見後に参加。
結局、40分しか出来なかったが、私は総合警備保障の特練監督の木村さんと稽古ができたし、最近入部した長崎出身の山副、樹、優佳と稽古ができた。
あとは広島から転勤で戻ってきた三宅ともできたしね。

面談の方は、ここ何年か毎年行なっていただいている。
高橋先生と坂上副部長が部員と直接話し、部員の学業や生活の悩みや考えを聞く貴重な時間。
授業の関係で全ての部員にできたわけではないが、時間をみつけて今回出来なかった部員も行なう予定。

私は部員は本当に幸せだと思う。
剣道の他に、高橋先生と坂上副部長が親身になって私とは違う目線で部員を育ててくれる。
いつか感謝するときがくるだろうね。

日曜日は東京都クラブ選手権。
私は所用で欠席したが、中村スタッフと牧野女子コーチが行ってくれた。
選手は選手権大会から惜しくも漏れた者が出場したが、あまりいいところが無かったようだ。

出場した選手は、自らを評価・反省し、普段の稽古にいかしてもらいたい。

ところで、明日から部員は高校訪問週間。
東京都内や埼玉県内の部員の出身高校に数人でグループを作り稽古に伺う。

高校生との交流を通し、自らの成長を感じ、そして初心を思い出してもらいたいと思う。
[PR]



by risken | 2012-05-28 20:58 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「無声での稽古…等」

監督の和田です。

東京は2日間続けて日中は夏日となった。
ただ、5月ということもあり朝晩は涼しく服装に気を使う。

昨日は稽古の帰りにポロシャツ一枚だと寒かったモンね…。

さて、昨日は毎週水曜日の基本稽古会。

普段どおり丁寧に一本一本集中して稽古を行った。
最近特に課題として取り組んでいるのは、①剣先の高さ、②踏み込み足、③振り上げ動作、④左手の納まり、⑤打突時の右手の作用。

①~②はずっ~と課題、③~④は原嶋先生からの指摘、⑤は自分なりのもの。
これがねぇ~意識はしているがうまくいかない…。

そして、原嶋先生からの指導で最近参加者全員が取り組んでいるのが"気合いを出さずに打突時の音を聞くこと"。

皆、気持ちも入り集中しているが、無声で取り組んでいるので打突時の音と踏み込む音だけが道場内に響き渡る。
これか自分の打突の良し悪しを明確にジャッジしてくれる。
もちろん手の内の具合でも分かるのだが、相手が痛くなく、しかも"ポクッ"という音がすればベスト。

これなかなかいい稽古だと思う。

ところで、第二道場にて原嶋先生からご指導あり。
次の目標に進むためには…こうあるべきと。

もったいないね。
ありがたいお言葉をいただき本当に気が引き締まった。

今度の土曜日は午前中、総合警備の特練数名が来校する。
私は8/25(土)開催の仏教系大学大会の主管校としての打合せ。

その後は会場となる体育館の下見にいき、13:30からの5月期草稽古会に参加。

薮田スタッフと浅野(H21卒)、依田(H23卒)、高橋主将、明広は、日本橋で開催されている東京官公庁稽古会に参加。
そこで、審判員の確保のために、先生方に声をかける予定にしている。

基本稽古会で自らの修行に励み、大学では卒業生等の協力を得て物事を進めることができる。

この環境に感謝である。
[PR]



by risken | 2012-05-24 22:23 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「目線を高く…」

監督の和田です。

東京は一日中雨降り。
気温も下がり3月下旬に相当する寒さ…明日は快晴で気温は27度と二桁も違う予報。
まいるね。

さて、先日の大会。
うちの学生の試合が終わった後も会場内に残り、勝ち上がっていく選手の行動、監督のアドバイスやタイミング等、たくさんの勉強をさせていただいた。

どのようなタイミングで声をかけるのか、勝ち上がっていく選手は試合前にどのような行動をとるのか?
もちろん、選手個々に性格や考え方、経験の差があるので少し見ただけで判断することはできないが、「私ならどうする?」と考えながら他の指導者と比較してみるとなかなかいいヒントを得ることができた。

また、勝ち上がる選手の行動には感心させられるものがあった。
これも経験に裏打ちされた自分のパターンなのだろう。

うちの子達は高校時代に経験が乏しい分、今は経験を積んでいる最中。
今後、必ず今の経験が生きてくるときがくる。

そのためにも、意識を高く、自らの目線を日本武道館に合わせて日々の稽古を積んでもらいたいと思う。

ところで、明日は基本稽古会。
多くの昇段者が出て活気づいている。

自らの修行。
私自身も目線を高く、意識を高く、稽古に励みたいと思う。
[PR]



by risken | 2012-05-22 22:17 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「結果報告等」

監督の和田です。

今日の東京は金環日食に湧いた…。
うちの長男は朝5時に学校へ、次男は自宅のベランダで大さわぎ!!

土曜日は関東女子学生剣道選手権大会。
今年は東京武道館が改修工事のため、日本武道館で行なわれた。
いつも日本武道館ならいいのにね。

うちは3名が出場。
今、うちの女子は一つ一つ経験を積んでいる状況であり、まずは立派な試合をすることが目標。
最近では、平日の稽古や合宿にOGの参加が増え、少しずつ活性化している。

今回新入生は出場させなかったが、実は楽しみな新入生もいる。

さて、結果は以下のとおり。

○1回戦
鵫巣 - メメ 田原(清和大)

河田 延メ - 高野(青学大)

舎利弗 -ココ 荘司(学習院大)

○2回戦
河田 - メ  氏部(法政大)

河田と舎利弗はまずは目標を達成。
鵫巣はもっともっと頑張りが必要。

それにしても、男子もそうだったが、女子も高校時代にIHで個人優勝したり、団体優勝した者も一回戦で敗れてしまう。
本命なき戦い。
改めて関東大会の厳しさを実感。

それにしても、出場した選手はOGがたくさん応援にきてくれて、とても心強かったと思う。
ありがたいね。

あとは、いつも交流している東京女子体育大学の選手が並み居る強豪を破り全日本出場を決めた。
うちにとってもきっかけになると確信した。

うちの女子はこれから。
男子とともに、女子は女子の特性を生かして指導し、少しずつ前進していきたいと思う。

優勝 末弘(国士舘大)

準優勝 宍戸(国士舘大)

3位 山本(国士舘大)、荒谷(東海大)

ベスト8
小澤(法政大)
樋口(大正大)
平田(東海大)
瀬沼(東海大)
[PR]



by risken | 2012-05-21 21:38 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「自分を信じるために…」

監督の和田です。

東京は晴れ→雨を繰り返している。
晴れたときはむし暑い感じもする。
梅雨も近い。

昨日は基本稽古会。

審査会後の最初の稽古会ということで、七段・六段に昇段した方々は張り切って参加。
皆さんいい顔をしている。
審査の状況を聞いたが、皆さん心に残る打ちを繰り出していたね。

挨拶の中で、ここはあくまでも通過点、それぞれが次の目標に向かって稽古に励むと誓っていた。

昨日は、私達まわりも刺激を受けていつも以上に気持ちのこもった稽古ができた。
相乗効果というやつ。

昇段した1人がつぶやいていた。
「地道に稽古し、自分なりに悩みながら工夫して精一杯取り組んできたから、やればできると信じた」と…。

深いね。。。
ここまでの思えるほど自分を作り上げたということ。

このあたりをうちの学生も感じてもらいたい。
自分を信じられるようになるには、正しい稽古を地道に繰り返し、自分自身で工夫し、素直な心で、積極的に取り組むことだとね。

私自身もそうありたいと思う。
[PR]



by risken | 2012-05-17 23:54 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「昇段祝い!」

監督の和田です。

今日の東京は一日中雨降り。
明日は晴れて7月の気候になるそうだ…。

さて、明日は基本稽古会。

今回、名古屋で行なわれた審査会で、いつも一緒に稽古をしているメンバーから七段1名、六段2名が誕生した。
喜ばしい限り。

七段に合格した浦瀬先生は真っ直ぐな剣風で、とにかく地道に努力してこられた方。

六段に合格した薮田は当大学の指導スタッフもやってもらっているが、高校時代の恩師も一緒で、現在は師匠の原嶋先生に指導いただいているまさしく同門。
もう1人はこのブログでも紹介した事のある山ちゃん。

薮田には大学の指導者として、受審することが剣道の幅を広げ、それが学生指導にもつながることを話していたので本当にうれしい。
山ちゃんに関しては、人物・人柄申し分なく、仲間としてこの数年間地道に基本稽古に励んできたことから、こちらも本当にうれしい。

やはり、積み重ねが大切だということ。

私はあと5年後…。
遠いなぁ~と思っているとアッという間なのが審査会。

地道やでぇ~。

がんばるべ~。
[PR]



by risken | 2012-05-16 00:07 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「結果報告等」

監督の和田です。

東京は気持ちのいい晴れが続いている。

さて、日曜日は関東学生剣道選手権大会が日本武道館で行なわれた。

結果は以下のとおり。

・毎熊祥平(文3) - メ 高橋(帝京大)

・野原友宏(法2) - メ 黒石(日大)

・佐々木杏人(仏2)- コ 児玉(日体大)

・内池享平(営3) - メ 吉田(専修大)


熊の相手は、とても癖のある相手だったが、時間内はよく我慢して延長戦へ。
延長戦も10分程度経ったところで、つば競り合いから分かれ、攻め込まれたのに小手に行き面に乗られた。
内容的には、相手の早い仕掛けに手元が上がり、自分のいいところが最後まで出せないという不満の残るものとなった。

友宏の相手は日大の主将。
経験から言えば相手に分があるところだが、試合は終始友宏が押し、自分の剣道をしていた。
ただ、相手は友宏の打ちをことごとく潰し、無理をしない。
最後は思い切って打ったが、面返し面で万事休す。
結果は負けたが内容的にはとても成長を感じさせるもので、今後の取り組み次第ではエースに成長できるかも?と思わせてくれた。
今後は攻撃力のアップが課題。

杏人は時間内に決着が付かず、延長も30分程度戦い、十分に今の力を出してくれた。
いつもなら少し抜くところがあるのだが、集中して粘り強く戦ってくれた。
ただ、いつも言っているのが、打ち終わった後に次の打突をしようとする姿勢が乏しいところ。
最後の最後に打たれたコテは、まさしくその部分。
あとは、いい打ちが何本かあったが、友宏と同様に攻撃力のアップが課題。

享平は前半から中盤にかけては完全にこちらのペース。
打たれのは後半。
仕掛けが遅い分相手に間合いに入られて同時にとんだ相面。
その部分だけが引き出されてしまった。
そういった意味では、相手が一枚上だったと言えるが、今後はあのレベルに一本取れる攻撃力がほしいところ。

このように、結果は一回戦敗退という寂しいものとなったが、内容は各自、今の自分の力を出し、十分に戦ってくれた。
しかし、そこそこできるようにはなってきたものの、これが現実。

はっきり言えるのは、これからさらに経験を積むことと、「石にかじりついても」というような勝負に対する"執念"が必要。
そして、例えば、つば競り合いから分かれるときに、体は下がっても気持ちは前に攻めるという部分と、どんな場面でも常に自ら攻撃を仕掛ける「仕掛けの早さ」が必要。

最後に、応援に来ていただいた親御さま、職員の皆さま、卒業生の皆さま、本当にありがとうございました。
結果は残せませんでしたが、剣道部がステップアップしていることはお見せできたと思っております。

今後は、まずは私自身が今回の評価・反省を踏まえて稽古に励み、その上で学生指導につなげていきたいと考えています。

学生は部内の競争が激しくなり、出場した者も出場できなかった者も、今回の結果にはかなりの悔しさをもってくれたと思います。

ますます稽古に励み、秋の団体戦では結果を出したいと思います。
応援ありがとうございました。


※追伸
5/13(日)に名古屋で行なわれた六段審査会において、当剣道部指導スタッフの薮田貴志が六段に合格しました。
おめでとうございます。


優勝 宮本(中央大)

準優勝 菅野(国士舘大)

3位 土谷(国士舘大)・時田(東海大)

ベスト8
國友(国士舘大)
竹ノ内(筑波大)
佐伯(筑波大)
武田(国士舘大)
[PR]



by risken | 2012-05-14 20:51 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「自分の内面と向き合う…」

監督の和田です。

東京は今日も突然の雨。
どんなっているのやら…。

昨日は基本稽古会。

素振りと切り返し、面打ちをいつもよりタップリ行なった。
汗がすごかったね。

基本稽古の後は、名古屋で七段・六段を受ける者たちの立合いの稽古。

原嶋先生が審査員になって各自3~5回ほど行なったね。
先生からは厳しい言葉もあり。

私も通ってきた道ではあるが、六段は1分間、七段は1分半という短い間に力を出すというのは本当に難しいものだと改めて思ったね。

七段が2名、六段は4名が受審する。
吉報をいただきたいところ。

さて、関東学生選手権大会はあと3日。
選手4名は集中した稽古ができていると報告があった。

選手には、相手のことを考えるのではなく、自分自身と向かい合い自分自身の"弱さ"を感じ、認め、その上で戦ってもらいたい。
緊張する自分、弱音を吐いてしまう自分、勝ちたいと思う自分、そんな自分の内面と真摯に向き合うことがもっとも大切なことだと思う。
[PR]



by risken | 2012-05-10 23:59 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「改めて…」

監督の和田です。

東京はなんとなくはっきりしない天気が続いている。
明日はまた大気が不安定で竜巻が起こる予報もあるようだ。

さて、今日は大崎校舎の稽古に参加。
選手は気持ちのこもったいい稽古していたね。

本番まであと5日。
ここまでくれば気持ちをどのように整えるかの問題。
今日以上に集中して明日以降の稽古に臨んでもらいたい。

ところで、今回の京都で行なわれた審査会で、東京の岡村先生が八段に合格された。
学生時代から稽古をつけていただき、先生の教え子は2名ほどうちの卒業生で合宿にも参加していただいたことがある。

すごいね!
原嶋先生をはじめ、大森先生など素晴らしい先生方に指導していただいたのだと改めて思った。

明日は基本稽古会。
先週は熊谷の稽古に参加したため2週間ぶり。

亀よりも遅い成長かもしれないが、自分を信じて、地道に地道に稽古を積むことだ。

がんばるべぇ~。
[PR]



by risken | 2012-05-08 22:16 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「寒いのはダメ…」
at 2017-09-21 06:24
「女子大会報告…」
at 2017-09-20 00:20
「完敗…」
at 2017-09-13 00:49
「信じて…」
at 2017-09-04 21:38
「大会案内」
at 2017-09-02 21:15

検索

最新のコメント

お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16
先日はご多用中のところ、..
by 卯月会主務)鈴宮 at 18:07
明けまして、おめでとう御..
by 卯月会 毛利 at 00:54

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル