立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧




「本当に勉強になりました…」

監督の和田です。

東京は晴れてはいるが寒かった…というか体育館に一日中いたからね。
学生が頑張っているからそんなことも言えないけど。。。

さて、本日は朝5時に起きて自宅を出発。
外は真っ暗…うひょ~。
男子選抜メンバー15名も熊谷校舎をチャーターしたマイクロで同じく5時に出発。

学生は順調に8時前に到着。
私は朝が早く各駅停車しかなくトコトコと電車を乗り継ぎ8時過ぎにやっと最寄り駅まで到着。
そこから中村スタッフの車で相手校へ。

本日は4校で行なうはずが、1校が寮内で体調不良者が多くなり、残念ながら参加を見合わせたため3校でリーグ戦を実施。
9:30過ぎから行い、13:30まで4時間みっちり試合稽古。
うちには本当にいい経験をさせていただきました。

相手は所作・技術・取り組み、どれを見てもうちより上。
試合は新人戦チーム(1~2年)を中心に3試合、3年も混ぜて1試合と、計4試合をさせていただいた。

チームとしては勝ったり負けたりしたが、概ね今の力は出せていたと思う。
しかも前回の練習試合で打たれたところはだいぶ解消されていた。

しかし、打たれたところは"なるほど"と思うところ。
特に、最後の試合はそれほど内容は悪いわけではないが、結果としてストレート負け。
ここがうちがもうひとつ上に行くためには大切なところ。
学生には、終了後の集合の際に取組面・精神面・技術面の3つに分けて整理して話したが、その事を胸に刻んで明日からの稽古に活かしてもらいたい。

それにしても、ホスト校は部員が140名の大所帯ながら、道場外でも会えば立ち止まって挨拶をする、道場に入れば稽古をとめてきちんとこちらに体を向けて挨拶する等、本当に剣道を学ぶ者として教育が行き届いていると感じた。
見習うべきところがたくさんありました。
先生方の指導の賜物。

また、機会を作って交流させていただきたいと切に思いました。

11月もあと少し、今年1年も暮れようとしている。
男女新人戦、埼玉大会とまだまだこれから目白押しだが、来年に向けて、日々の稽古を大切に今日学んだ所作、技術面・精神面いずれも自分達のものにできるように中身の充実にあてていきたい。

これからだ!
[PR]



by risken | 2012-11-25 19:10 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「東女体出稽古…」

監督の和田です。

勤労感謝の日、東京は朝から冷たい雨。。。
寒くなってきた…。

この日は女子部員3名と内池主将・野原副将、薮田スタッフと東京女子体育大学へ出稽古。
当方は祝日で授業はお休みだったが、東女体は通常授業日。
他大学もそういうところが多かったようだ。

さて、東女体は今年、個人・団体ともに全日本出場に出場しており、うちから見たら数段格上の相手。
村上監督が高校の先輩ということで、数年前からたびたびお邪魔させていただき、うちにとってはとても勉強になる時間。

私自身は1月の寒稽古以来となったが、それにしても学生の伸び方に驚いた!
打突が強くなり、自信を持って剣道をしているのがわかる。

先輩・スタッフの努力と学生の意識がマッチした結果と見た。
特に稽古内容のところでヒントを得たね。

うちも頑張らねば…。

それでうちはというと、女子部員は必死で東女体の稽古に食らいついていた。
いつも女子は男子学生30数名の中に埋もれてしまうのだが、今日は同じ女子学生がたくさんいる中で稽古することによって"主役"になっていた。
女子も男子もこういう経験を日々の稽古に活かしてもらいたい。

稽古後は、村上監督と薮田・私で立川市内で第二道場。
夜も更けるまで学生指導について話ができました。。。

母親として、指導者として、頑張っている先輩に力をいただき、私も刺激を受けました。

今日は大崎校舎で稽古、明日は5時起きで練習試合。
強いところだけどどれだけできるか?

がんばるべ!
[PR]



by risken | 2012-11-24 12:16 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「経験をいかして…」

監督の和田です。

東京の土日は移り変わりの速い天候。
土曜日はひどい雨→日曜日は一転して快晴。
だけど風は冷たかった…木枯らし一号とか。

さて、土曜日は総合警備保障の稽古にお邪魔した。
総合警備保障剣道部には、教え子の坂田(H17卒)がいるのでそのツテで実現したもの。

相手は実業の雄であり、選手中には全日本剣道選手権大会にも出場した方もいる。
こっちは選抜メンバーといいながら、3年生3名、2年生5名、1年生8名の若い布陣。

7人制を2回行なったが2回ともチームとしては負け。
しかし、一方的にやられたわけではなく、それなりに戦ったと思う。

ただ、やられたところはうちがしっかり抜けているところ。
相手はさすが実業団の選手達、そんなところは逃さないね。。。

試合後は合同稽古。
坂田としばらくぶりに稽古をしたが、攻めが強くなりいい機会で打突をする。
うれしかったとともに、私自身ももっと稽古に励まないとと思ったね。

日曜日は熊谷校舎体育館で合同稽古。
土曜日の練習試合の評価と反省を行い、修正稽古を行った。

うちの抜けているところは明確だからね。

今日は、来年度入学する佐藤くん(秋田・大館)の親父さんがわざわざ稽古に参加してくれた。
その他、牧野女子コーチが女子部員に精力的に指導をしていた。
また、坂上副部長、学も稽古に参加。

いつもながらありがたいと思う。

来週は、女子は23(金)は東京女子体育大に出稽古、男子は25(日)に4校と練習試合が予定されている。

今回の経験と反省をいかしたものにしたいと思っている。
[PR]



by risken | 2012-11-18 18:52 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「金言…」

監督の和田です。

東京は冬に季節がかわろうとしている。
風が"ひんやり"から"さすような"にかわった。

冬がはじまる!って感じかな。

昨日は基本稽古会。
今回から1年生の田中秀和が参加している。

過去には、坂田・山口・山崎、橋本(H17卒)、中村(H18卒)、青木(H20卒)、渡部(H21卒)、伊藤(H22卒)、依田・中澤(H23卒)、現在は浅見(H22卒)、江藤(2年・主務)が毎週参加。

この稽古は、原嶋茂樹先生(教士八段)が主宰する稽古会で、基本稽古を中心に、社会人が少ない時間を工面して1h、真剣に稽古に励む大事な時間。

あくまでも各々の修行の場所であり、私も教え子だからと言って指導するような場面はほんどない。

この会は、原嶋先生が平成15年11月に一回目の審査で八段に合格され、それを期に平成16年2月から郵政省本省(現:日本郵政グループ本社(千代田区霞が関))地下1階道場で行なわれたのが最初。
その後、今の場所に移りながらも昨日で421回目(8年9か月)となる大切な稽古会。

秀和はこのような歴史と重みを理解しつつ、今の荒削りな剣道から、理にかなった剣道にかわり、さらに社会人の先生方から剣道に限らず、たくんさんのものを学んでほしいと思う。

さて、昨日の稽古では、原嶋先生から厳しくも温かい指導をいただいた。
それを受けて、私はもっとも基本的なことができていないのだと改めて思った…。

現在は、出稽古にいってもほとんど場合は基立ち。
指導をいただく機会がめっきり減った。

そんな中、原嶋先生からいただく指導はまさに金言。

目標までとりあえず4年。
先生もそれを理解した中での指導をされているように感じる。

私は、今の剣道・精神レベルではとても目標を達成することはできないと思っている。

それを克服していくためには、先生からいただく指導の一つ一つを体に刻み込み、地道に積み重ね、自らの創意工夫の中で成長していくことが必要。
頑張っていきたい。

ところで、土曜日は実業団チームとの練習試合と合同稽古、日曜日は熊谷校舎体育館で合同稽古となる。
こちらも目標に向けて進むのみである。
[PR]



by risken | 2012-11-15 23:57 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「11月期草稽古会報告…」

監督の和田です。

東京の土曜日は気持ちのいい快晴!
でも今日は夕方から雨とか…。
さすがに11月に入りぐっと寒くなってきたね。

昨日は11月期草稽古会&橘会打合せと理事会。

稽古には卯月会の面々も参加したのと、いつも授業で参加できない法学部2年生7名が休講ということで参加。
かなりの人数になって道場が狭く感じてるといううれしい悲鳴。

私は新調した面と小手を慣らすつもりが…次から次へと地稽古にきてくれるので、結局1時間半ほど立ち切りになった。
稽古は、学生は懸人・哲・享平・友宏・杏人の5名、卯月会は白鳥さん、大塚さん、小山くん、小池くんの4名。

汗をどっぷりとかいたね。

さて、稽古してみて少し感じたのは…
懸人はひとつの打突に迫力は出てきたが、攻めが単調なのと一本の打突で終わってしまう。
哲は前に比べるとだいぶよくなってきたが、自ら攻めて打突するという部分の意識を高めるべき。
享平は触刃から一足一刀までどう入るかが課題。
友宏は足を使うことと、あとはもう少し技がほしい。
杏人は機会はいいが、打突後が抜けている。

卯月会の方々は、白鳥さんはさすが強豪大学卒業だけあり攻め気をゆるめない稽古はあっぱれ。
大塚さん、小山くんは日頃の稽古の成果が出始めているように感じたし、小池くんは学生時代の剣道を変えようとしているのがよくわかる。

それにしても、学生は日々の稽古の中で自らの課題をもっと強烈に意識して取り組んでもらいたい。
自らの課題を意識しない稽古は単なる運動になってしまう。
大学生とは、大人の剣道にどう変わっていくか自らの剣道観を作り上げていく時期。
だからこそ大切にしてもらいたい。

その後は、来年3/17(日)に予定している高校生練成会(仮称)の打合せ。
若手卒業生が中心になって、総括・審判・会場・会計などの各担当分かれ、そこに学生の代表が複数名関わって検討を行なっている。

50周年記念事業、同窓会、仏教系大会と数々の行事をこなしてきて、若手も学生もほんとうによく成長してきたと思う。
頼もしく感じました。

最後は第二道場。
20名程度でいつもの"ゆえん"で懇親会を行なってお開き。

11月期草稽古会はとても楽しい時間となりました。
来月は12/15(土)となります。


※太田くんコメントありがとう。
今まさに剣道部は少しずつ今までおざなりになっていた細かいところにも目を向けて中身の充実を図っています。
精神論ではなく、当たり前のことを当たり前に行なうという方法でね。

11/18(日)は熊谷体育館で稽古になるので、11/17(土)は練習試合が終わってから熊谷入りする予定です。
時間があったら夜にでもあぞひに来てね。
[PR]



by risken | 2012-11-11 17:00 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「今年もあと2か月…」

監督の和田です。

東京は秋晴れが続いている。
でも、明日は雨とか…。

ここ最近、やけに忙しく稽古にあてる時間が少ない。
特に水曜日はタクシーで稽古に滑り込み、30分程度の稽古がやっと。。。
フラストレーションが溜まるばかり。

さて、土曜日の第60回全日本剣道選手権大会は、優勝が大阪府警の木和田選手、準優勝は警視庁の内村選手、三位には神奈川県警の高鍋選手と兵庫県警の網代選手という結果で幕を閉じた。
内容としては、最高峰の選手達だからこそ見たかった面技や玄妙な応じ技はあまり見られず、小手で決まる試合が多く、勝負に徹した剣道が目立ったように感じた。

その中で、埼玉から出場した橋本選手は会社員ながら堂々のベスト8。
彼は、学生時代うちの卒業生の横川雄一(H14卒)と関東選手権大会で全日本を決めた以降の6回戦ぐらいで延長をしばらくやった相手。
あの時もしぶとく、がまんのできる選手だと見ていたが、今回も本当によくがまんをして戦っていた。

また、静岡の高坂選手、沖縄の仲間選手は上段。
それぞれに特徴があり、うちの上段の3名(友宏・杏人・康誌)には是非とも見てほしかった。
今回感じたことを次の稽古で話してみようと思う。

いずれにしても、日本最高峰の選手達から学生指導にかかるヒントをたくさんいただきました。

ところで、11/4(日)には学園祭も終わり、これからは関東新人と埼玉大会に向けた稽古になる。
11/17(土)は実業団チーム、11/25(日)は3校で練習試合を予定している。
どこも強豪ばかり…。

学生も我々も気を引き締めていかなくてはならない。

今年もあと2か月。
来年につながるような試合が出来るように、地道に稽古を積み重ねていくのみだと思っている。

なお、11/10(土)は「11月期草稽古会」が予定されている。
どしどし参加いただければ幸いである。
[PR]



by risken | 2012-11-05 21:46 | 監督 | Trackback | Comments(1)

「意識…」

監督の和田です。

東京は秋が深まり朝晩に続き日中も肌寒くなってきた。
上着は既に必需品。

昨日は基本稽古会。
原嶋先生は所用で不在であったが参加者は皆熱心に稽古に励んだ。

課題は相変わらず満載の中で、特に意識しているのが攻める際の気持ちの持ちよう。
具体的に言うと気を高め、集中すること。

これが難しい。。。
基本稽古の際、掛かる側のときも、基立ちのときも、常にこの意識を高めて臨むようにしている。

正直、とても疲れる…。

ところが…なんとなく効果というか、いい方向にいっていることを感じることができた。
それは、別の稽古会で七段審査目前の若手と稽古をしたとき、それから前回の草稽古会で稽古をしたとき。
なんとなく相手と対峙したときに余裕が感じられるようになった…。
しかも相手は攻めが強いという評判のある剣士達。

何がよくなったのか分からないが、1ついえるのは、"打とう"と思っているわけではない。
それがいいのか…?

しばらく続けてみようと思う。

ところで、明後日は第60回全日本剣道選手権大会が日本武道館で開催される。
指導スタッフの薮田、浅見、教え子の浅野、卯月会の毛利さんと勉強のためにいつものアリーナ席で観戦する予定。

今年はどんな戦いが見られるか?
楽しみであり、選手が試合に臨む姿勢、審判の所作等、学生指導にいかせるように勉強してきたいと思う。
[PR]



by risken | 2012-11-01 21:56 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「寒いのはダメ…」
at 2017-09-21 06:24
「女子大会報告…」
at 2017-09-20 00:20
「完敗…」
at 2017-09-13 00:49
「信じて…」
at 2017-09-04 21:38
「大会案内」
at 2017-09-02 21:15

検索

最新のコメント

お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16
先日はご多用中のところ、..
by 卯月会主務)鈴宮 at 18:07
明けまして、おめでとう御..
by 卯月会 毛利 at 00:54

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル