立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧




「監督懇話会…」

監督の和田です。

東京は冬晴れの日が続いている。
ただ、明朝はうっすらと雪が降るようなことをニュースで伝えていたね。
この間の雪が融けたばかりなのに…。

さて、土曜日は関東学生剣道連盟が主催する「監督懇話会」が九段下駅近くの会場で開催された。

佐藤成明会長等執行部、学生幹事、各校の監督が出席した。
監督は50名程度いたかな?
うちは私と中村スタッフと出席。

なお、今回執行部が任期満了に伴って人事の異動があったが、その中で浅野(H21卒)の親父さんで浅野誠一郎先生(教士八段)が指導委員長に就任した。
うちにも稽古にきてくださる先生が執行部にいるというのは心強いもの。

議題は部員登録数、審判登録数、大会時のマナー等…。

全体として部員登録は少子化に伴い毎年減少しているようだが、当方は順調に部員数は増加している。
驚いたのは、男子の部員登録数が意外にもうちが多いほうだということ。
これで女子がもう少し集まってくれれば、ある程度大所帯と言えるようだ。。。

ただ、審判登録数がうちは少ない。
ここは卒業生の皆さまに頑張っていただき六段取得し登録していただきたい。
何と言っても学生の大会は卒業生の協力がなければ成り立たない。

そして、いつもの事ながら大会時のマナー…①喫煙マナー、②応援、③会場のコンセント使用の禁止について。
もう聞き飽きた感があるがそれだけ違反する大学・違反する者がいるということ。

②の応援は一緒に頑張ってきた仲間が必死で戦っている姿に思わず声が出てしまうのことがあるかもしれないが(こういうこと言うと叱られるけど…)、①・③はなぜできないのか悲しい気持ちになる。

うちは大会開催中は学生は禁煙とし、③も開会式前に再度周知しているので今のところ違反はない(と思う)。

大学生は、小学生→中学生→高校生の期間剣道を学んできた学生としては集大成のところであり、今後の自らの剣道観を創りあげる大事な期間だと思う。
だからこそ、①・③のような当たり前のこと当たり前にやってほしいと思う。

大会開催時の早朝の監督会議で大会時のマナーが一番大切な議題では悲しすぎる。

あとはトーナメントに関する要望、竹刀検査について討議が行なわれ会議は終了。

その後は、東京女子体育大学の監督等と第二道場。

指導上の課題や今年の指導方針などいろいろな話ができました。
どこの監督の真剣に、悩んで、そして学生にいい思いをしてもらいたいというのは一緒。

今年一年間のお互いの健闘を誓ってお開きとなった。

いい刺激をいただきました。
[PR]



by risken | 2013-01-27 18:43 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「2/9(土)は送別会…!」

監督の和田です。

東京はここにきて雨降りがあったりする。
今日はもしかして雪?と思っていたら雨でした。

次男坊の受験もまじか…私は何もしないが緊張したりする。

さて、ホームページトップにも掲載されているように、2/9(土)は卒業生の送別会が開催される。

ひとつの時代が終わり、新しい時代となる。
学生の指導をしていると毎年のこと。

残念なのは、手塩にかけて育てて「良くなったきたなぁ~」と思うと卒業になってしまうこと…。

それでも卒業してから、社会人として立派になって道場に戻ってきてくれることが何よりもうれしい。
やんちゃな学生ほど…。

今年の3名。
本当に苦労しました。。。
そんな彼らも卒業。

送別会ではどんな挨拶をするのやら?

楽しみにしている。
[PR]



by risken | 2013-01-25 00:06 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「日々の稽古の中で…」

監督の和田です。

東京は冬晴れが続いているが、昨年より寒いような気がする。
ついにオフィスにインフル患者が3名発生…私は予防注射はうっているものの怖いね。

さて、水曜日の基本稽古会。
学生の明広・秀和は授業内試験があり欠席。

原嶋先生ほか7名で稽古を行なった。
課題満載の中で、足の運び、気の溜め、振り上げ、姿勢、全てを意識し、さらに大きく体を使うことを意識しているので頭も体もとても疲れる。

これがいつかは生きると信じて稽古を積み重ねるのみだね。

とにかく、日々の稽古の中で、常に自らと対話し、自らの弱さや強さを認め、今の自分を超える未来の自分を創りあげていきたい。

※早朝の明治神宮西参道から…(雪国みたいだよね)。
d0171548_2133564.jpg

[PR]



by risken | 2013-01-18 21:04 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「感謝の気持ちで…」

監督の和田です。

東京の三連休、土日は快晴、成人の日に当たる月曜日は大雪となり、雪国かと思われるような状況になった。
それにしても、今朝、明治神宮の木々が雪の重みで何本も折れていたのにはびっくり。

さて、先週水曜日は基本稽古会の稽古始め。

参加者は10数名…今年も参加者一人ひとりが自らの課題と向き合い地道に稽古を繰り返していく覚悟を見せていたね。

そんな中、新年早々肩を大きく使うことは意識しているが、足への意識が薄れていたことに気がついた。
大きく体を使ってやっていたつもりが、足の意識が薄れていたため、足を意識したとたん汗が吹き出てくる始末。

もっともっと意識を高める必要があるということ。

そして土曜日は1回目の強化対策日。
今年で三年目となり、H22年から薮田・中村両スタッフが中心になって、自ら志願した学生を対象に行なっている。

一番最初は依田と中澤が学生として参加(まぁこの2人は指名でしたけど…)。

まぁ最初の稽古はきつ過ぎて足が痙攣してしまい、最後のメニューまでたどり着かなかったいわくつきの稽古…。
二年目に参加した慶多・高安も同様でした。

このえげつない稽古内容を考えたのは鬼の薮田・鬼の中村の両スタッフ。
私は"仏のわだ"として応援しているだけ。

今回は内池主将、毎熊副将、哲、明広が志願の強化対策。
まぁ、今回もすごい内容でした。

次回は19(土)。
当日はセンター入試のため大崎キャンパスは使えないことから、国立の郵政研修センターの施設をお借りして実施。

最後に日曜日は「稽古初め(兼1月期草稽古会)」と「必勝祈願」、学生主催の「新年会」。

この日は2年生数名が成人式と重なり欠席。
ところが、それを上回る参加があった。
ほんとに盛会だったね。

卯月会から毛利館長、小池くん、鈴木くん、息子が4月からに入学・入部する予定の佐藤先生、郵政本社から三宅先生、その他卒業生もたくさん参加してくれた。

その中で、坂田スタッフとの稽古がもっとも印象に残った。
彼はH17年度に卒業し、今は強豪の総合警護保障の正選手。

学生時代から機会よく技のキレが良かったが、卒業してからはそこに攻めが加わり、簡単には打ち間に入れてくれない。
今回は若干攻めに余裕が無かったように見えたが、いい面をいただきました。
こうやって卒業生が頑張ってくれると本当にうれしい。

その他、卯月会の鈴木くんは神奈川大学を出たばかりのバリバリ。
いい剣道をしていました。
これから社会人としての剣道にどう変わってくれるか楽しみな青年。

それと、今回も新入生が参加してくれた。
特に黒古さんはいい剣道をしていたね。

その他、樹、政紀、奨大、良介、牧野女子コーチ、今回稽古した者からは今年の意気込みが伝わってきた。

それにしても、今回の稽古初めもたくさんの方々に参加していただき感謝。

今年1年、感謝の気持ちをもって稽古を積み重ね、一歩・一歩確実に前進することを誓った稽古初めとなった。

がんばるべ!!
[PR]



by risken | 2013-01-15 23:14 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「元気な声に…」

監督の和田です。

東京は相変わらず寒い日が続いている。

そんな中、毎朝ジョグの際に立ち寄る明治神宮内にある剣道場からは寒稽古に参加している子供達の元気な声が聞こえる。

私も記憶にある。。。
小1のころから雪が深々と降る1月の早朝(6時頃)、たった一人で雪で凍る道を「キュキュ」と雪を踏んだ音とともに道場に向かった。
当然のことながら親は一度付いてきただけで、あとの一週間は一人で通った。

途中でお腹が痛くなったり、鼻水がたれたり、寒くて嫌になったり、結局だれも助けてくれないから意地で道場に行って暴れようと思った…。
まぁたいして暴れず、先生に叱られないように小さくなっていたけどね。

今は皆さん親が車で送迎。
時代の流れというものであるが、それでも子供達の声を聞くとうれしいね。
どんな形であれ剣道を長く続けてほしいと思う。

さて、明日は今年最初の基本稽古会。

今年も一本一本丁寧に積み重ねていこうと思う。

ところで、1/13(日)は13:00から「稽古初め(兼1月期草稽古会)」、16:30から学生主催の「新年会」が開催される。

どなたでも参加できるもの。
是非、皆さんの参加をお待ちしている。

なお、先月に引き続き、愛知、新潟、埼玉から新入生が参加する予定になっている。

楽しみである。
[PR]



by risken | 2013-01-09 00:08 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「今年も確実に前進します!」

監督の和田です。

東京は冬晴れが続いている。
でもとにかく寒い…毎朝のジョクの途中で立ち寄る明治神宮の参道が凍っているからね。

穏やかにスタートした平成25年。

元旦から様々なスポーツが行なわれていた。
その中でいつも注目しているのが「箱根駅伝」。

今年は昨年襷がつながらず19位だった日体大が見事総合優勝を飾った。
まさに誰も予想していなかった勝利。
しかもどん底からの勝利とのこと…新聞には下克上Vとの書かれていたね。

別府監督のインタビューの中で「昨年1/3から選手も指導者も本気になって取り組み、まずは日常の生活から見直した」との発言があったが、私も学生には同じ事を話している。

うちの学生はそれを聞いて何か感じてくれただろうか?
大事なのは「当たり前のことを当たり前にやる」ということ。

部員が増えて、活動が活発になったとはいっても、生活が乱れているようでは絶対にここぞの時に力は出ない。
そういう面では昨年痛い目にあっているから理解してくれていると思う。

いずれにしても、今年も剣道部の中身の充実に力を入れて、部員一丸となって目標にむけてがんばっていきたいと思う。

さて、昨日(1/5)は私自身の稽古初め。
年末年始は次男坊の塾の送り迎えだっため稽古をすることが出来なかった。

昨日の稽古は、原嶋先生ほか6名の少人数だったが、基本稽古、地稽古と13:00~15:30まで2時間30分フルに行い、特に原嶋先生との地稽古では、20分程度だった思うがボコボコにしていただき"叩かれ始め"となった。
人数が少なかった分、丁寧に一人ひとりご指導いただけたというわけ。

ただね、あんなに叩かなくてもねぇ~と思っていたら、先生曰く「面をたくさん打たせてくれてありがとう」だってさ。
1cmくらい背が縮んだね…。

明日から通常の日々が始まる。
今年は次男坊が受験と4月から中1、長男坊は4月から高3、私達夫婦は結婚20年、合宿は地元の北秋田市で行い、学生は私が監督として1年次から指導してきた享平や熊が最後の学年となる。

公私共に大事な年になりそうだ。
多くの仲間からいただいた年賀状も似たような状況であった。
皆、自分の持ち場で頑張っている。

今年も感謝の気持ちを忘れずに、地道に確実に前進していくことだと思っている。
[PR]



by risken | 2013-01-06 11:48 | Trackback | Comments(0)

「平成25年元旦!」

あけましておめでとうございます。

笑顔いっぱい

元気いっぱい


一歩・一歩 確実に前進してまいります。

今年もよろしくお願いいたします。

監督 和田圭介

※代々木公園から望む初日の出(長男撮影)
d0171548_8113545.jpg

[PR]



by risken | 2013-01-01 08:00 | 監督 | Trackback | Comments(1)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「寒いのはダメ…」
at 2017-09-21 06:24
「女子大会報告…」
at 2017-09-20 00:20
「完敗…」
at 2017-09-13 00:49
「信じて…」
at 2017-09-04 21:38
「大会案内」
at 2017-09-02 21:15

検索

最新のコメント

お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16
先日はご多用中のところ、..
by 卯月会主務)鈴宮 at 18:07
明けまして、おめでとう御..
by 卯月会 毛利 at 00:54

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル