立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

合宿スタート

監督の和田です。

明日(13(金))19:00、大崎校舎を大型バスで平成22年度夏期強化合宿in北秋田に出発する。

14(土)6:30頃を目途に到着し、学生は朝食をとってしばし休憩。
14:00から鷹巣体育館で稽古がスタートし、19(木)まで全15回を行う。
私もフル参加で学生とともに頑張っていきたい。

今回の合宿にも地元高校が10校程度、教員・警察等、たくさんの先生方に参加していただける予定となっている。
前回に引き続き大森先生も参加いただける。

たくさんの方に支えられて合宿ができることに感謝し、学生にとって実り多い合宿にしたいと思う。
応援していただければ幸せである。

学生の「つぶやき」に乞うご期待!
[PR]



# by risken | 2010-08-12 22:46 | 監督 | Trackback | Comments(0)

熱い夏が始まった!

監督の和田です。

先週土曜日は「後期集合日」となり、気温35℃…まさしく暑い熱い夏が始まった。

今回は、学生の発案で初日から熊谷体育館において午前・午後の二部練を行い、その夜には学生だけで決起集会を熊谷市内で開き、今後の健闘を誓った
もちろん我々も坂上副部長を交えて学生とは別にがっつり決起したのは言うまでもない。
そして、土曜日はそのままユニデンスに宿泊して、日曜日は午前稽古を行い集合合宿を終えた。

稽古内容は、土曜日午前は軽めに暑さに慣らすところからはじめ、午後は男子が選手選考、女子は道場にて山室女子監督、勝コーチの指導のもと稽古を行った。

選考試合は体育館ということもあり、3コートで部員総当たりを行ったが、一人10数試合をこなすこととなり、体調面・内容について少し心配したが、4月以降の計画的に行ってきた稽古メニューを積み重ねてきた効果が感じられ、試合内容は向上し、体調面も多少フラフラした者もいたが概ね順調に行われた。
長時間審判をしてくれた、薮田スタッフ、中村先輩、浅野先輩からも同じような感想を言っていたので、まずは現時点では合格点と言える。
ただ、2~3本目を打突した際に態勢が崩れる傾向が見られたので、日曜日は修正点としてそこに特化した稽古を行い、今後も継続することとした。

ただ、何点か残念なこともあった。

土曜日午前2年生男子1名が熱中症でリタイアし、日曜日は4年生女子1名が熱中症でリタイアした。
いずれも暑い中ではあったが、慣らしの段階でリタイアするのではどうにもならない。
聞けば実習等でしょうがない部分があったにせよ、自主稽古期間中の暑さに対する「準備不足」は否めない。

あとは、まだまだ細かいところが徹底できていないのと、特に稽古中に学生の頭と心の中に実戦が描かれていない。
これでは、稽古のための稽古になってしまい、試合は別物になってしまう。
うちがもう一段レベルを上げるためにはこういうところだと思う。

さて、学生は今日と明日、熊谷校舎道場で稽古を行い、水・木と合宿準備のための休みを取り、13(金)の夕方、2年ぶりの夏合宿に出発する。
昨年は新型インフルエンザの渦に巻き込まれ、新潟合宿を前日にキャンセルするという大きな事件があったため2年ぶりとなる。

合宿は8/14(土)の午後2時から稽古を開始し、8/19(木)の午後で終了するが、合宿には、地元高校生や中学生、一般の先生方や教員・警察官・刑務官も多数参加してくれる予定となっている。
また、地元剣道連盟の暑中稽古会にも参加し、最終日には居合の形を見せていただいたり、日本刀の俵切りも見せてもらう。
さらに、卒業生も若手からS44年度卒の先輩まで多数参加してくれる予定であり、その他、郵政本社剣道部からも数名参加予定となっている。

このように多くの方に支えられて合宿が成り立っていることに感謝し、実り多い合宿にして、熱い夏を征したいと思う。
学生への応援をよろしくお願いしたい。
[PR]



# by risken | 2010-08-09 20:35 | 監督 | Trackback | Comments(0)

後期がスタートします

監督の和田です。

明日は熊谷校舎に集合して、後期がスタートします。
明日の熊谷市の最高気温は35℃

各自体調管理には十分配意して、これからの熱い夏を突き進んでいきたいと思います。
皆さま、応援の程、よろしくお願いします。
[PR]



# by risken | 2010-08-06 22:32 | 監督 | Trackback | Comments(0)

雑感

監督の和田です。

母親から「秋田も暑い30℃こえた」と連絡がきたが、東京はそれどころではない…今現在22時を過ぎても29℃。
ちなみに熊谷は36℃を超えたようだ。

今週土曜日から日曜日の間、熊谷校舎に新しくできた体育館で「集合合宿」を行うがどうなることやら。思いやられる。
スケジュールとしては、土曜日10:00~12:00と14:00~16:00の二回稽古を行う。
ただ、午後は選手選考を行うので、地稽古の時間はわずかしかとれない。
日曜日は10:00~12:00の一回で終わる。
日本一暑い熊谷で稽古できるのもこんなとき。
諸先輩の皆さん!学生の応援だけでもかまいません、差し入れ大歓迎!待ってます!!

さて、もっと暑い沖縄ではインターハイが始まった。
今日は女子団体と男子個人の途中まで行ったということだが、女子団体では過去に優勝経験もある強豪が予選で敗退する波乱があったとのこと。
大学生や高校生の試合ではよく波乱が起きるが、やはりメンタルな部分でまだ成長できていない部分があるのだと思う。
今回の全日本学生選手権大会でもそういう試合が何試合か見られた。

ところで、最近見た「Number」という雑誌に、これも夏の風物詩といえる「甲子園」の特集が掲載されていた。
そして甲子園を語るときに必ず出る「清原・桑田」の記事があった。
彼らとは同じ学年で高校生のときは「こんな高校生がいるんだ」程度で、「すごいなぁ」とは思ってもどこか別世界のことだったように記憶している。
しかし、今回の記事をみて、それこそ「こんな風に考えて野球に取り組んでいたのかぁ」と感心したし、当時の自分の幼さや取り組みの甘さを痛烈に感じてしまった。

ほんの少し紹介すると、桑田くんが高校二年生の夏、甲子園の決勝で茨城・取手二高に敗れたときに、どうして負けたのかそれが知りたくて単身茨城までいって練習をみせてもらったとのことだった。
高校生でそこまでやっしまうその行動自体もすごいと思うのだが、その後の感想がすごい。
「真面目に野球に取り組むことだけが勝利への道だと思っていたのに、あんなに楽しく、のびのびとやってもなぜ勝てるのかを見たかった、(中略)しかし、改めて思ったのは正統な野球をやりたいと思った。"のびのび"は短期的にはいいけど、長期的な強さを維持したいと思ったら、本当の実力を身に付けるしかないから、最後の夏にもっと自分を追い込んでいこうと思った。」

「脱帽」という以外の言葉がなかった。
人より秀でる方は考え・行動・物事の処理能力から違う。
当時高校生だった自分とはとてもとても比較できない。

さて、これをうちに照らし合わせると以下のことが見えてくる。

うちの部員は「目標は全日本出場です」と毎度呪文のように口にする。
しかし、本当にこれでいいのか?前から気になっていた。
決して目標としては間違っていないし、関東大会に勝てば全日本出場権を得ることができる。
そのために時間・お金を使って稽古にも取り組んでいるだが…。

桑田くんの言葉から学生は何を感じるか?
ちなみに世界のイチローの行動をこうする評する方がいる。
「普通の人は"本番でがんばろう"と本番を大事に考える発想をもつ。イチローは逆。朝起きてからバッターボックスに入るまでの準備に万全を期せば、本番を黙っていても結果はついてくるという発想をする。」

部員の皆さんには、真面目によく考えてもらいたい。

今日はここまで…。
[PR]



# by risken | 2010-08-04 23:34 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「幸せな一日」

監督のわだです。

先週後半は30℃未満の日が何日かあったが、昨日から真夏の暑さに戻った。
今日から8月。あと一週間で後期集合日。

さて、昨日は4年Aくん、1年Sくんと三名で大崎校舎道場において基本稽古を行った。
左足にはがっちりテーピングをして我ながら痛々しい姿。

なぜこのメンバーで行ったかというと、今週は私自身が体調不良と業務繁忙等で稽古ができなかったことから、大崎校舎の男子に金曜の夜「稽古がしたい」とメールで声をかけたところこの二人が反応してくれた。
学生は既に試験期間に入っており、付き合ってくれるのはいないかな?と思っていたのと、16時から結婚式に出席しなければならず、他の道場に行く時間はなかったのでありがたかった。

稽古内容は「真面」を打つべく、肩を使って大きくゆっくり刃筋を確かめた正面素振り、あとは面を打ちを四つの注意点(①肩を使う、②打突時に腰を立て同時に左足を引き付ける、③物打ちで打つ、④力まず肩・腕に余分な力を入れない)を意識して三種類行った。あとはせっかく稽古に来てくれたので、普段の地稽古での種明かしをして、彼らの技の引き出しを増やすことに精を出した。
二人は「なるほど!」という顔をしていた。
でもね、頭で分かってもそれを体に刻み、意識せずとも出せるようになるためにはこれから。
後は自分次第だよAくん、Sくん。

そして私の左足は激しい稽古ではなかったにもかかわらず、帰宅後、妻から「足引きずっているよ」といわれる始末。
そのまま結婚式に突入…周りからも心配される始末。
こまったね。

ところで結婚式は郵政本社剣道部員が新婦として登場。
新郎は某有名出版社の記者さん。

表参道の教会で式を挙げて、そのままその隣にある会場で披露宴。
新婦のしおちゃんは剣道着・袴も似合っているが、ウエディングドレスもとても似合い素敵な花嫁でした。
彼女は三姉妹の次女とのことだったが、ご両親・姉妹を見ていると、温かい愛情たっぷりのとてもいい家庭で育ったことが分かる。
普段から女性としても、部下としても、後輩としても魅力のある子なので納得。
新郎のたかちゃんとは一緒に飲んだことがあるが、芯の強い温かみのある真面目ないい男なので安心している。
でも本音はしおちゃんはうちの長男の嫁にしたかったので残念(まだ中三だけどね、、、)。

しかし何回出ても結婚式は幸せな気分になる。
笑顔・笑顔・笑顔。
短い時間だったが稽古もできたし、素敵な結婚式にも縁あって立ち会えたとても幸せな一日だった。
[PR]



# by risken | 2010-08-01 17:14 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「気を抜かず…」
at 2017-11-20 21:47
「壁…」
at 2017-11-17 20:50
「挑む…」
at 2017-11-13 20:10
「濃い…」
at 2017-11-09 00:14
「課題…」
at 2017-10-30 20:09

検索

最新のコメント

お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16
先日はご多用中のところ、..
by 卯月会主務)鈴宮 at 18:07
明けまして、おめでとう御..
by 卯月会 毛利 at 00:54

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル