人気ブログランキング |

立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

カテゴリ:未分類( 4 )




「創部・戦後58周年同窓会 佐口報告…」

【橘(毘沙門)杯争奪剣道大会(オール立正・個人戦)】

個人戦 王者大滝2年ぶりの奪還

「3分3本勝負、2分の延長後はジャンケンで勝敗を決する」
橘杯は運も実力とみなされる極めて厳しい戦いである。
2年前、その運の強さを武器に優勝を手にした男がいた。
大滝 繁(昭和48年度卒)だ。
平成組の卒業生たちは尊敬と親しみを込めて彼を「ブルドーザー」と呼ぶ。
50周年同窓会実行委員として紹介されるやいなや、大滝の発想力と行動は、それまでの指導陣やOB会が抱く常識を打ち砕いた。
彼の仕事で培った営業戦略のノウハウが、活動の基盤となり現在の剣道部を支えている。
大滝自身、卒業して家庭と仕事を守り続けた長い年月、剣道からは遠ざかっていたが、同窓会立ち上げを機に、自身が名付けた「草稽古」で久しぶりに竹刀を握ることになる。
当初は渋々の体で再開した大滝だったが、よほど若い連中に打たれるのが悔しかったのだろう。負けず嫌いが高じて地元の道場にも通い出し、気がつけば剣道五段を取得。現在に至っては六段取得をも視野に稽古に励んでいる。
そんなブルドーザーが今年は運の勝負を放棄した。
9人によるトーナメント戦にシードで出場。延長戦にもつれ込むこともなく、拳ならぬ剣で勝利をもぎ取った。
途中で酸欠になりタイムをかけるなど、体力の衰えは否めない。しかし、ここぞという時の集中力は尋常ではない。フラフラを装いながら炸裂する抜き胴は、実に絶妙なタイミングで周囲を魅了した。
2年ぶりの優勝胴を着け、賞状を受け取る顔は、少し照れ臭そうだが誇らしげに見えた。

団体紅白戦

個人戦に続き、学生も出場し総勢20名の紅白試合が行われた。
試合場では先輩も後輩も、指導陣も学生も関係ない。
現役生女子がコーチを破るシーンもあり、試合は大将戦までもつれ込んだが、接戦の後、勝者数3対2で赤チームに軍配が上がった。


【7月期稽古会+同窓会稽古会】

草稽古には常連のOB・OG達が参加。
この日は珍しく涼しい日であったが道場の中は熱気に溢れた。
「ここに来ればまた仲間達に会える」
草稽古を伝統と言うにはまだまだ歴史が浅すぎるが、これからも常に門が開かれた会同の場として、同窓生の心のより所になってほしいと願う。


【同窓会】

同窓会は校内の食堂にて宴会が開かれた。
久々に見る顔もあり話しに花が咲く。
卒業生代表数名より、社会における経験談が語られると、卒業生はみな深く相槌を打ち、学生達は真剣な眼差しで聞き入った。
お酒を注いで挨拶することなど、現代の学生のどれほどが経験することだろう。
こんなにも歳の離れた大人達と、一緒に語りあう機会など、どれほどあるのだろう。
体育会ならではの躾の意味を、彼らは社会に出て実感するに違いない。

・・・あっという間の2時間。

また来年の再会を約束して、全員笑顔のうちに今年の同窓会の幕が下りた。


橘会専務理事 佐口記



by risken | 2016-07-28 21:05 | Trackback | Comments(0)

「やるしかない…」

監督の和田です

東京は晴れ-雨降りを周期的に繰り返している

今週は300名規模の研修が月火とあり超バタバタ
現在、うちには1,500名程度が宿泊し、通いの子も含めると2,000名程度が新入社員研修を受けている
5月中旬まではなかなかの賑わいです

さて、大学の方は、今週から本格的に授業も始まり、新入部員も「学業」と「剣道」、一人暮らしを始めた者は「一人暮らし」というものにチャレンジしている

昨日は人間ドックだったので16:00過ぎからの稽古に参加して雰囲気を見ていた
まだ大丈夫かな…緊張感の中で過ごしているという感じ

まぁこれ例年のことで、今は学食から喫茶スペースまで混み混みの状態だが、なぜかGWを過ぎるとちょうどよくなる?
これつまりサボりが出てくるということ…
剣道部員はそんなことの無いようにしてもらいたい

昨日は、少々ガッツを失っていた悠弥が気持ち的に吹っ切れて稽古に臨んでいたね
当然若いから迷うことはあるけど、そこから立ち上がる力強さも必要
今後の悠弥に期待したいところ

その他の部員にも「おっ!頑張っているな」と感じる者もいれば、その逆もいる
自分で気づかないとね

昨日は合わせて正々会(568回目)
10数名で稽古
学生の稽古と合わせて2回目の稽古

先日の官公庁稽古会で指摘をいただいたところを中心に意識して基本稽古
その後は、七段、六段、四段を受審する者の立合いの稽古も少々

最後は恒例の原嶋先生との立合いの稽古

一本もかすりもせず…

きっちり爆メンを3本いただきました
う~ん…凹む

第二道場では映像を見ながら反省会
誰も言葉を発しないお通夜状態…トホホ
悔しいけれどこれが今の私の力

そして本日は国分寺へ
そして本日も原嶋先生ほか多士済済の皆さま

本日も”木魚”になって帰宅

でもね
こういうのを繰り返して目標に近づいていくのかなと思う

たださ
近づいているのかな…???

でも
信じてやるしかねぇか…

その他、今週末は4月期草稽古会
昨年度、全日本選手権大会に某県から出場した選手も参加してくれる予定

あとは成功裏に終わった第四回橘錬成会の評価・反省も行う
来年は第五回の記念の回になるからね

がんばるべー

◇おまけ
昨年度一年間私のお世話係をしてくれた将希
昨日から一暢に変更になりました

一暢は私と地元が一緒で小中は後輩になる
しかも中学生のころから本学の夏期強化合宿に参加していた

一年間よろしくね!
三國先生や金森先生が秋田で見ているよ(笑)



by risken | 2016-04-14 23:21 | Trackback | Comments(0)

「今年も確実に前進します!」

監督の和田です。

東京は冬晴れが続いている。
でもとにかく寒い…毎朝のジョクの途中で立ち寄る明治神宮の参道が凍っているからね。

穏やかにスタートした平成25年。

元旦から様々なスポーツが行なわれていた。
その中でいつも注目しているのが「箱根駅伝」。

今年は昨年襷がつながらず19位だった日体大が見事総合優勝を飾った。
まさに誰も予想していなかった勝利。
しかもどん底からの勝利とのこと…新聞には下克上Vとの書かれていたね。

別府監督のインタビューの中で「昨年1/3から選手も指導者も本気になって取り組み、まずは日常の生活から見直した」との発言があったが、私も学生には同じ事を話している。

うちの学生はそれを聞いて何か感じてくれただろうか?
大事なのは「当たり前のことを当たり前にやる」ということ。

部員が増えて、活動が活発になったとはいっても、生活が乱れているようでは絶対にここぞの時に力は出ない。
そういう面では昨年痛い目にあっているから理解してくれていると思う。

いずれにしても、今年も剣道部の中身の充実に力を入れて、部員一丸となって目標にむけてがんばっていきたいと思う。

さて、昨日(1/5)は私自身の稽古初め。
年末年始は次男坊の塾の送り迎えだっため稽古をすることが出来なかった。

昨日の稽古は、原嶋先生ほか6名の少人数だったが、基本稽古、地稽古と13:00~15:30まで2時間30分フルに行い、特に原嶋先生との地稽古では、20分程度だった思うがボコボコにしていただき"叩かれ始め"となった。
人数が少なかった分、丁寧に一人ひとりご指導いただけたというわけ。

ただね、あんなに叩かなくてもねぇ~と思っていたら、先生曰く「面をたくさん打たせてくれてありがとう」だってさ。
1cmくらい背が縮んだね…。

明日から通常の日々が始まる。
今年は次男坊が受験と4月から中1、長男坊は4月から高3、私達夫婦は結婚20年、合宿は地元の北秋田市で行い、学生は私が監督として1年次から指導してきた享平や熊が最後の学年となる。

公私共に大事な年になりそうだ。
多くの仲間からいただいた年賀状も似たような状況であった。
皆、自分の持ち場で頑張っている。

今年も感謝の気持ちを忘れずに、地道に確実に前進していくことだと思っている。



by risken | 2013-01-06 11:48 | Trackback | Comments(0)

ありがとう

指導スタッフの中村です。
昨日、第58回全日本剣道選手権大会が開催されました。

優勝は高鍋進選手(神奈川)

私も大好きなで、ずっと応援してきた選手です。
その高鍋選手が悲願の初優勝を飾り、インタビューの最後に「感謝しています」という言葉をいいました。

和田監督も昔から、挫折や苦労を知っている人間は這い上がってきた時に必ず「感謝」という言葉を言うとおしゃっていました。

少しずれてしまうかも知れませんが
実際、私も学生時代経験があり悩みや挫折や迷いなど沢山の思いがあり、そんな時にふと思ったことがあり

それは、先生方、先輩、同期、後輩に助けられたという思いにもそうですが、何よりこの瞬間に感謝しようと思いました。
その日、その時、同じ瞬間というのは後にも先にも二度と訪れることはなく、学生時代は特に今ある環境で、今の仲間と一緒に過ごせる時間と物事に感謝しようと。

そうすることによって、仲間を大切にしようと思ったり日々のつらい稽古も大切に丁寧にやろうと思えたのです。

きっとトップアスリートの方々は、もっともっと周りの支えてくれている方々や、日々の生活を大切にし人や物事に感謝しているのでしょうね。

日々の生活の中でずっと思えなくても、ふとした時に何事にも「感謝」という思いを抱けたら何かが変わってくるのかも知れませんね。

さて、うちの学生はどんなことを思い日々過ごしているのでしょう?

最後に高鍋選手おめでとうございます!!

PS、
もちろん、試合のあとは監督を筆頭にY先生、S先生、Mさん、Aさんと共に私も夜の街に消えていきました(笑)
これも出会いに、その瞬間に、昨日の夜に感謝ということで(*^_^*)



by risken | 2010-11-04 07:55 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

「事前交流等…」
at 2019-06-17 19:28
「いろいろ…」
at 2019-06-10 20:10
「痛っ…」
at 2019-06-03 19:35
「風邪っぴき…」
at 2019-05-28 21:13
「一歩一歩…」
at 2019-05-21 21:01

検索

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

ありがとうございました。..
by risken at 21:54
選手、応援の学生、指導陣..
by 卯月会 毛利 at 11:54
お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル