人気ブログランキング |

立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧




「平成23年 前期集合合宿」

監督の和田です。

今日の東京は朝から雨降り。
天気予報どおり15時過ぎからみぞれになった。

昨日と今日の気温差は10℃もあり、体調管理が難しい。
それに加えて、昨日は屋外に長くいたため、花粉を浴びまくって夜から鼻水・微熱。
今日も一日中ボーとして仕事もはかどらなかった。

さて、この土日の前期集合合宿について報告したい。
まずは、初日は10:00から熊谷校舎体育館において今年のスタートの稽古が行われた。
学生は、元気な笑顔で現れ、少しの緊張感を持っていたように見えた。

体操→素振りと始まって…初日から小さな雷を落とした。
「下半身を使えていない…、大きな素振りをしていない…」こういう学生が目に付いた。

過去の経験から、稽古が不足している者は、頭で理解していることを出そうとするので下半身が付いていかず、気持ちだけが先走り、力んで上半身に力が入ってしまう。
それと、大きく振ることは昨年来の課題。
自主稽古期間を漫然と稽古してきた結果か。。。

こういうことが顕著に現れている者がいたので、改めて自覚を促すためにちょいと雷を落とした次第。
こんな小さな事でも意識がいくようになれば、いろいろなことが好転しだすと思う。
小さな事が出来ない奴は、大きなことは出来ない。

その後は、体育館を縦に使って切り返し、打ち込み、掛かり稽古と進み、午前は2hきっかりで終了。
学生は少しへばった感じかな。

午後は14:30から。
内容は一転して、三班に分けて、今年の稽古の重点ポイントの説明と、ビデオを使用して自分自身の攻め方や打ち方を確認する等、頭での理解、その理解したことを体で表現(実践)する稽古を行った。
もちろん一回の稽古でどうなるものでもないが、午後は今年の課題を明確にすることと、その課題をどう改善していくかを明確にするということが目的だったため、そこはできたのではないかと思う。
そして、最後は指導関係スタッフが基立ちになって学生は掛かり稽古。
ほんのちょっと厳しくやりました。
集合初日としては初めてだったかもしれない。
学生は指導関係スタッフの今年にかける本気を感じたと思う。

そして日曜日は、昨年からのもうひとつの課題である「体幹の強化」を目的とした「スポーツテスト」と「トレーニング」を実施。
これは、今年卒業する浅見が作成してくれた。
彼はスポーツトレーナーを目指して4月から専門学校に進学する。
そのための事前の勉強。

学生は、スポーツテストの結果により、俊敏性や筋力等、自分に足りないところが明確になったと思う。
私から見ていても、剣道と連動していて「なるほど」と思わせる結果が多かった。
これから、意識して鍛えてもらいたいと思う。

このように、今年のスタートとなる集合合宿はいい形で終わることができた。
それと、今回は学生主導で「立ち上がり式」というものを土曜日の夜に行ったが、この会により、より一層皆が一丸となってやっていく気持ちの整理が付いたではないかと思う。

今週は金曜日から2泊3日の春期合宿を同じく熊谷体育館で行う。
その中で、森川橘会会長には特別講話を依頼して快諾していただいた。
とにかく、元気に・事故なく・怪我なく・病気なく、一歩でも半歩でも一年間をとおして前進していきたいと思う。
先輩・後輩諸氏の応援をよろしくお願いしたい。



by risken | 2011-02-28 21:55 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「いい笑顔」

監督の和田です。

先ほど集合合宿から帰ってきたばかり。
熊谷校舎で行われた集合合宿は、天候にも恵まれて、気温も20度近くあり、季節が一歩進んだような気になった。
金曜日は春一番が吹いたようだが、この土日は熊谷特有の強風もなく本当に過ごしやすかった。
前期の集合合宿は本当に素晴らしいスタートとなった。

さて、金曜日の昭和48年度の先輩達の同期会から報告したい。
ちょっとしたプレゼントを持って19:00頃から飛び入り参加させていただいた。

9名の先輩が参加されており、私が到着した時には既に昔話で大盛り上がり。
同期会に先立ち、現役の依田主将がガイド役になり学校見学会をしてきたとのこと。
先輩達は大学の変わりように驚いていた。
あとは、何と言っても「道場」があった場所にいったときが印象に残ったそうだ。

そんなこんなで先輩達の青春物語を聞かせていただき、20時過ぎに終了。
私はその後すぐに熊谷入りするため、ここで別行動となったが、どの先輩もとてもいい笑顔をされていたのが印象的だった。
特に立正大学の竜虎話は絶品だった。。。
興味があれば三浦先輩と前沢先輩に聞いてみるといいかも?!

自分達もあと17年後にこのようなことができるだろうか?
とてもうらやましいと感じた時間だった。

※集合合宿の報告については、明日にでも…



by risken | 2011-02-27 19:09 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「還暦の先輩達」

監督の和田です。

今日の東京は春のような陽気。
気持ちも晴れやかになってくる。
明日も19度になるとか…。

さて、明日は勤務終了後、昭和48年度卒の先輩達の同期会が五反田で行われていることから、ゲストとして参加する予定。
還暦を迎える先輩達が数十年の時を越えて一同に会する。
年齢を重ねてもやっぱり五反田。。。
やっぱりこれも剣道部の「絆」かなと思う。
今の剣道部の現状を知っていただき、是非とも強力な応援団になっていただきたい。

その後は、集合合宿に備えるため熊谷に向かう。
本当に1年が始まる。

状況報告は月曜かな?
乞うご期待!!



by risken | 2011-02-24 23:21 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「いよいよ」

監督の和田です。

東京は昨日から本格的に花粉シーズン突入と報道があった。
2月もあと数日、地元秋田はまだまだ寒の戻りがあると思うが、「冬」という季節は確実に遠ざかっているようだ。

今日は残念ながら基本稽古会は欠席。
最近はどうも仕事が忙しく稽古がままならない。
困ったもの…。

さて、土曜日から集合合宿。
やっと始まるという感じがする。
それに並行して、3月以降の予定がどんどん決まっていく。
既に6月までほぼ決まっている状態。

今年は昨年の反省を受けて、前期のスケジュールを例年からはだいぶ変更している。
特に、6泊7日が通例だった春期合宿を2泊3日に短縮し、その代わり警察への出稽古を3日間入れている。
その他、相当格上との合同稽古や練習試合も数回組ませていただいた。
女子に関しても、東京女子体育大学の春期合宿に3泊4日で参加する等、いろいろ工夫をして強化に努める予定。

いよいよ始まるという高揚感がある。
体調に留意して頑張っていきたい。



by risken | 2011-02-24 00:00 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「セミナーでの経験」

監督の和田です。

東京は曇りの日が続いている。

ここ最近、どうも体調を崩すことが多くなっている。
先日は急性胃腸炎になり、昨夜は微熱と鼻水でボーとしていた。
学生が自主稽古期間ということもあり、気が抜けているのか…。
来週土曜日から集合となるため、整えなければと思う。

さて、この土日は、関東学生剣道連盟主催のセミナーが自宅近くのオリンピックセンターで開催されている。
このセミナーには、当大学からは、依田新主将と池田新女子主将が参加し、各大学の主将達と交流を行っている。
私の時代は勝浦の研修センターで行われたが、他大学との交流を図り、一流の選手達と剣を交えることでとても勉強になった記憶がある。
特にここで知り合いになった者は数知れずおり、その中には、日本代表になった者もいるし、大学や高校で指導者となっている者もいる。
今でもその者達とは交流があり、助かっている部分がある。
早朝から稽古があったりするので、大変な部分もあるが、2人にも存分に交流をしてもらいたいと思う。

依田新主将を中心に一週間後から本格的に部が動き出すことになる。
昨年の評価と反省を活かして、指導関係スタッフ一丸となって取り組んでいきたいと思う。



by risken | 2011-02-20 10:05 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「春近し?」

監督の和田です。

東京は少し春が近づいてきたのか雨が降ることが多くなってきた。
花粉は憎たらしいが、春は待ち遠しい限り。

昨日は基本稽古会。
仕事が片付かず、稽古時間を過ぎてしまったためタクシーで駆けつけたが、残念ながら半分程度しか出来なかった。
それでも稽古ができる幸せを感じる。

明後日(2/19)は、東京都の四・五段審査会が東京武道館で行われるため、審査を受ける者の立合い稽古も行った。
少し固さが目立ち、攻守がはっきりしすぎている部分を指摘させてもらった。
あとは「溜め」がないのが気になった。
当日は、緊張するだろうが、自信を持って集中力を高めて臨んでもらいたい。

さて、来週土曜日はいよいよ前期集合となり、熊谷校舎で集合合宿を行う。
学生はどれだけ準備をしてきているか?
楽しみである。



by risken | 2011-02-17 22:40 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「巣立っていきました」

監督の和田です。

昨日に続き、今日の東京も雪が舞った。

昨日の「2月期草稽古会」たくさんの方に参加していただき盛況だった。
主役の4年生も学生最後の稽古を精一杯やったと思う。

草稽古会担当の佐口が稽古後の挨拶で「今日の稽古が一番感動しました。」と涙目で話していたのが印象的だった。
剣道を通じて様々な人との「縁」がつながっている。
大阪体育大学の作道先生が「剣は命の洗濯」とおっしゃっているが、なんとなく理解した気になっている。

そして「卒業生送別会」。
高橋剣道部長、坂上副部長、森川橘会会長、大滝専務理事、豊田前監督等、こちらもたくさんの方が参加して盛況だった(秋田からのりあきが来てくれた)。
この会では、毎年卒業生全員から一言話してもらうのだが、涙あり、笑いあり、4年間をまとめて話してくれてとても印象深いものがあった。

誰一人として、剣道部に入部して4年間継続したことを後悔している者はおらず、全員が「4年間継続したことにより様々な点で成長を実感できた。とても楽しい時間だった。剣道部に入部して本当によかった」と話していた。
結局のところ、この言葉が話せれば4年間は成功ではなかろうか。
7名が晴れやかな顔で巣立っていった。

私はというと一日経ってもうれしさと寂しさが交錯している。
昨日は送別会が終わった後、卒業生だけでもう一軒いったが、なんとなく帰りたくなくて学生のもとへ。
結局、佐口や中村、のりあきらと朝方まで学生とカラオケに…(この年でよくやった)。
最高だったのは、肩を組んでゆずの「栄光の架け橋」を歌ったことと、学生がAKB48とKARAを振り付きで歌っていたのに参加できたこと。。。

今日はなんとなく心にポッカリ穴があいた気分。
今日ぐらいはいいと思う。

★「栄光の架け橋」
誰にも見せない泪(ナミダ)があった
 人知れず流した泪があった
 決して平らな道ではなかった
 けれど確かに歩んで来た道だ
 あの時想い描いた夢の途中に今も
 何度も何度もあきらめかけた夢の途中

 いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある
 だからもう迷わずに進めばいい
 栄光の架橋へと…

 悔しくて眠れなかった夜があった
 恐くて震えていた夜があった
 もう駄目だと全てが嫌になって
 逃げ出そうとした時も
 想い出せばこうしてたくさんの
 支えの中で歩いて来た

 悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある
 さあ行こう 振り返らず走り出せばいい
 希望に満ちた空へ…


 誰にも見せない泪があった
 人知れず流した泪があった

 いくつもの日々を越えて
 辿り着いた今がある
 だからもう迷わずに進めばいい
 栄光の架橋へと…
 終わらないその旅へと
 君の心へ続く架橋へと…
d0171548_8323128.jpg



by risken | 2011-02-12 23:59 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「嬉しさと寂しさ。。。」

監督の和田です。

今日の東京は朝から雨。。。途中から雪にかわり午後は一転して晴れとなった。。。
明後日は、また雪になるようだ。

今日は所用があり基本稽古は休み。
ちょっと残念。

さて、明後日(2/11)は卒業生送別会が予定されており、2月期の草稽古会も兼ねて行うことになっている。
既にトップページでは案内済み。

それにしても、毎年この時期は、卒業生について思いめぐらすことになる。
今年は7名の卒業生を送り出すことになるが、送り出すにあたり、各自が1年生の時はどうだったか、そして今はどうか、どの程度成長してくれたか考えることが多い。
当初は聞く耳を持たず反発ばかりしていた者、周りの状況がまったく見えなかった者、積極さがなかった者…いろいろだったことを思い出す。
それが今では、素直に感謝の気持ちを表せるようになったり、周りの事をよく考えて発言するようになったりしている。
体の成長もさることながら、心の成長がめざましい。

結局のところ、剣道というものをとおして様々な経験を積み、楽しい思い、辛い思い、悔しい思いを乗り越えて成長してくれたのではないかと思う。
今社会は混沌としていて、私が社会人になった頃に比べると本当に「難しい時代」と言える。
しかし、彼らなら立派にこの難局を乗り越えて行ってくれることと思う。

ただ、本当のところ、卒業生達ともう一度、日本武道館で戦いたい。
たった一本が重く、大きくのしかかり、目標を達成することが出来なかった。
彼らも、今はいろいろ考えることがあるだろう。
箱根駅伝も200km以上走って、わずか数秒で天国と地獄を味わうことになる。
大きなこの宿題は、次の新しい剣道部が回答を出す責務負う。

学生生活は4年間。
こちらが「もう1年」と思っていてもそうはいかない。
あと2か月すれば正式に新入生が入部し、すぐに平成23年の新しい剣道部がスタートする。

卒業生に対して、「おめでとう」という嬉しい気持ちと、寂しいという気持ちが交錯するこの時期である。
2/11は学生最後の稽古を思い切りやってもらいたい。


~追伸~

今回の草稽古会には、立正高校剣道部や、夏合宿にも参加してくれた佐藤先生とそのお友達、大田区剣道連盟から数名の先生、卯月会からもうさん等、たくさんの方が4年生の門出を祝うために稽古に参加してくれるようだ。
本当にありがたい。



by risken | 2011-02-09 22:02 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「ご用心」

監督の和田です。

のっけから恐縮だが、この土曜日はひどく疲れた…。

先週木曜日に長男が急な嘔吐と発熱で近くの病院に行き「急性胃腸炎」との診断。
次の日の朝は、まだ吐き気と熱があり、倦怠感もひどいようだった。
私が仕事から帰ってくると(22時頃)、相変わらずの症状でほとんど水分も取れていない状況。
東京医科大学の救急外来に相談したら「診察を受けたほうがいい」とのこと。
そこで早速行ったところ、結局土曜日の朝5時まで点滴治療…。

そばを離れるわけにもいかず、ボケーと長男が点滴されているのを見てました。
その間、次から次へ運ばれてくる病気や怪我の人たち。
ちょっとびっくりしたのは、救急車で30代の女性が夜中の2時に到着。
最初はあわただしかった看護師さんたちが、なぜか急にペースダウン。
なんと診察結果は「咽頭炎」。
「こんなので救急車使うなよ」って思ったし、付き添いの人もお説教を受けていた。
当然だよね。
いやはやなんとも…。

そして、土曜日の午前は「依田・中澤の強化稽古会」、午後は郵政本剣道部の「定例稽古会」。
この強化稽古会は今日で最後。定例稽古会も、審査用の立合い稽古を私が企画していただめ、休むわけにもいかず3時間ほど寝ただけで国立へ。
眠い…、体が動かない。。。(睡眠の大切さを実感)

でも基本稽古1時間と地稽古1時間やりきりました。。。
その後は審査用の立合い稽古を実施。
ポカポカ陽気の中、なんとか稽古をした感じ。

それでも稽古後の第二道場では、立合いの模様を双方向からビデオ撮影していたので、それを見ながら審査談義(楽しくて飲みすぎた?!)。

こんな感じでフル稼働した土曜日だった。

それにしても疲れた…。
それと今日は右ひじも腫れている。
地稽古の最中に思いっきり打った奴がいる…サポーターはしていたけどそこからは戦闘不能状態。
まいったね。。。

ちなみに木曜日から家でもマスクをしているため、私には移らなかった。
巷ではインフルエンザもはやっているようだし、皆さんもご用心。
点滴治療に付き合うのは辛いよ(一番辛いのは本人だけどね)。



by risken | 2011-02-06 12:37 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「雑感」

監督の和田です。

東京は天気予報どおりポカポカ陽気が火曜日から続いている。
このまま春になってもらいたいものだ(そうはいかない…)。

昨日は基本稽古会。
以前、試していることがあると書き込みをしたが、引き続き取り組んでみた。

ところが、なぜかしっくりこない…鏡を見たり、あれやこれややってみてもうまくいかない。
そして稽古も終盤にさしかかり、なんとなくひらめいた>>>
手の内がゆるんでいると。。。

左の握りに注意してみると、その後はだいぶしっくりしてきた。
ちょっとしたことだがだいぶ違う。
これが剣道の難しいところであり、楽しいところ。
自分のものにするにはまだまだ時間がかかりそうだが、頑張ってみたいと思う。

ところで、今日の秋田魁新聞に「中央大準硬式野球部の学生27人が2日、三種町を訪れ、一人暮らし高齢者の世帯で除雪ボランティアを行った」という記事が掲載されていた。
31年前から毎年、同町で夏季合宿を実施しているところに、「ニュースで秋田の大雪を知り、お世話になっている町に恩返しがしたい」ということで実施したようだ。
学生は、雪国出身者は数人で、その他の学生は除雪の経験などないとのことだったが、地元の公民館に泊まり二日間除雪作業を行うとのこと。

本当に立派な心がけだし、野球を通して「人間力」を高めていると思う。
うちも昨年は北秋田市で合宿を行ったが、北秋田市も今年は雪が多いようだ。
こういう声がうちの学生から上がってくるようになれば、あらゆる面で本当に強くなるような気がする。

暖かな気持ちになった瞬間だった。



by risken | 2011-02-03 19:53 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

「暑く熱い合宿、そして感謝…」
at 2019-08-13 19:59
「行ってきます…」
at 2019-08-01 21:39
「どっちだべぇ…」
at 2019-07-29 21:16
「創部・戦後61周年…」
at 2019-07-23 19:24
「前期終了…」
at 2019-07-16 21:08

検索

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

ありがとうございました。..
by risken at 21:54
選手、応援の学生、指導陣..
by 卯月会 毛利 at 11:54
お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル