人気ブログランキング |

立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧




「平成23年のお開き」

監督の和田です。

大晦日の東京は気持ちのいい晴れ。
それにしても寒い。

まだ朝からバタバタと掃除ややり残したことを整理している…。
どうにも今年は遅いね。

さて、今年は昨年以上に「交流」、「絆」ということを実践できたと思う。

思い出すだけで、夏合宿でお世話になった白石市刈田剣道連盟の先生方、特に島根・秋田・東京・埼玉・新潟・神奈川などの高校及び中学校教員、あとは草稽古会に参加していただいた様々な先生方。

そして、剣道部の卒業生と、高橋剣道部長、坂上副部長。
様々な場面で叱咤激励をしただき、凹んだときは支えになっていただいた。

あとは、スタッフの薮田と中村。
常に「学生のため・剣道部のため」という気持ちだけで本当に真剣に取り組んでくれた。

私ひとりでは何もできない。
なでしこジャパンがアメリカやドイツを倒した時のように、皆が一丸となって、1人がみんなのために、皆がチームのために、あきらめずに学生・卒業生・指導関係スタッフが心をひとつにして来年も取り組んでいきたいと思う。

まだまだ書ききれていない部分もあるが、良きも悪きも全てを含めて平成23年という年は記憶に残る年となった。
来年も平成20年から取り組んでいる、「交流」と「絆」をさらに深化させたいと思う。

最後に関係していただいた全ての方に感謝し、来年は今年以上に前進・飛躍する年であるように取り組んでいくことを約束して、今年最後の更新とする。

本当にありがとうございました。
そして新しい年が関係する皆さま全てに輝かしい年であることを心から祈念しております。


平成23年12月31日
和田圭介



by risken | 2011-12-31 12:00 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「回想:平成23年9月途中~12月」

監督の和田です。

今日は久しぶりに暖かい冬晴れの東京だった。

昨日は仕事納め。
にも関わらず忙し過ぎて目が回る…。
おかげで、秋田から遠征にきていた教員達と一杯する約束をしていたがNG。

それでも昨日は水曜日ということで、、、
基本稽古会は既に納会が終わり通常の稽古はなかったが、有志で稽古会をするというので参加。
短い時間だったが今年最後のいい稽古ができました。

さて、9月の関東学生優勝大会前まで前回は記したがその後。。。

過酷な夏のロードを終えてレギュラーの状態は△といったところ。
実はこれには思惑が…。

その思惑とは、とにかく学生に様々な「経験」を付け加えること。

つまり、今年のチームは4・3年が各1名、2年が3名、1年が4名という若く、高校時代を含めて経験が不足している者がほとんどという状況にあり、とにかくあらゆる機会を見つけて経験を積ませるということ。
そして「レギュラー」というのは大きな責任が伴い、関東(=日本武道館)で勝つのは甘くないということを身をもって体験させること。
以上の2つ。

特に4・3年男子は全部で4名しかおらず、過去にレギュラーとして日本武道館を経験している者はたった1名。
こんな状況で、1~2年生があっさりレギュラーになって変な勘違いされたらたまらない。

結果、本番では、ロードの影響と別の要因が絡まって、代表決定戦までもつれたが一回戦敗退という厳しい結果。
これは私の思惑が効きすぎてしまった結果であり、急ぎ過ぎた部分は反省として残るが、敗退の主な原因は別のところに…。

それは普段から感じていたことだが、とにかく稽古の中で学生の「抜ける=集中していない」場面が散見されていたこと。
ここを感じていながら、私はなんとなく流してしまっていた。

これがモロに試合に出てやられたといっても過言ではない。
これは私の大きなミス。

しかし、ここから学生の取り組みが目に見えて変わってくれた。
ロードの経験と痛い敗戦の結果か?

徐々にいろいろなものが改善されて、特に夏まで軸になるレギュラーは依田1名であったが、その後は1・2年生の中に軸になってくれそうな者がちらほらと出始め、関東新人、埼玉大会と来年につながる試合をしてくれた。

思惑は今の段階ではほんの少し成功の兆しが見えてきたという状態。
ただ、過酷なロードを含めて無理したかいあり、学生は精神的に落ち着きが出てきて、5月に感じた「幼い」という部分が少しずつ削げて、やっと大学生らしい雰囲気が出てきた。
精神的に成長してきているからだろうと思う。

このようにして過酷だった8~9月は終わり、10月~12月と短期合宿を複数回と夏とは逆のスローペースで練習試合を入れて関東新人と埼玉大会に備えた。
結果、関東新人は3回戦で日体大に接戦(1-2)で破れはしたが、取られて→取り返してという試合内容に加え、埼玉大会でも男子団体3位、男子個人3位・ベスト8、女子個人3位と安定感が出来てきた。
もちろん満足はしていないけどね。

最後に12/10(土)の納会。
学生達のすっきりした顔が並んでいた。

頑張ったもんなぁ~。

ただし、このぐらいで満足はしていない。
学生新幹部が発表になり、今年以上のことをやらなければ成長はない。
前進あるのみ。

なんだか最後は簡単に9~12月の振り返りなってしまったが…こんな1年でした。

ひとまず今日はここまで。
次回は今年最後かな!?



by risken | 2011-12-30 02:51 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「回想:平成23年5月~9月途中」

監督の和田です。

今日の東京も冬晴れ。
それにしても寒い。
寒稽古好きなおじさんを知っているが、私は勘弁…というところ。

さて、昨日に続き、今年を振り返ってみたい。

5月6日から授業が開始になるなど初めてのことだらけの今年であったが、徐々に落ち着きを取り戻し、連休中は短期の熊谷合宿を入れて実力アップ・1年生を加えた新体制のスタートを切ることができた。

なお、今年から月1回程度、熊谷校舎において土日を利用して短期の合宿を行っているが、これは、従来とは違い、大崎キャンパスは経営・経済・文学・心理・仏教の5学部、熊谷キャンパスは法学・地球環境・社会福祉の3学部が、それぞれ1~4年生まで在籍することになるので、なかなか両キャンパスの交流が深まらず、上級生になってからコミュニケーションをとることが難しくなってきたという事情と、学生間の競争を誘発したいという目論見で行なっている。

つまり、普段はそれぞれのキャンパスで分かれて稽古している学生を1つの組織体として成熟する機会を多く作ろうとしたわけである。
ところが、これには大きな副産物があった。

それは、卒業生や熊谷キャンパス近辺の一般の先生方が稽古に参加する機会が増えたこと。
これは、とても有意義な交流を生むことになり、学生のためにいい機会となったことはいうまでもない。

最近では、埼玉県の高校が21名もの剣道部員とともに稽古に参加してくれたり、若手の卒業生が熊谷を基点に「あつまるべ的なのり」で突如20名近くで参加する等、面白くなってきた。
ありがたいことである。

こうやって、5月から徐々にスムーズに活動が出来てきたわけだが、通常の稽古だけでなく、この他にも昨年全日本学生大会ベスト8の大学や、全日本常連校との練習試合を重ねて準備を行なった。
その結果、5月の関東選手権大会は特に目立った成績を残すことは出来なかったが、7月の埼玉新人大会では、久しぶりに男子団体3位、男子個人準優勝と少しずつ光が見え始めてきた。

そして夏8月。
剣道部にとって夏期強化合宿はメインのイベントと言っても過言ではないと思うが、存分にいい合宿ができた。

今年は震災の影響により、夏休みが8月7日過ぎからということもあり、前期試験明けの休みがなく即合宿という過酷なものになった。
この合宿は平成20年から学生の強化だけでなく、合宿地の地元剣道連盟や高校生との交流も大きな柱として実施しており、今年は昭和44年度卒の風間先輩を頼って、初めて宮城県白石市で開催した。

当初は被災地に近いということで心配する声もあったが、6月下旬に実際に地元を訪れ、風間先輩はじめ地元の先生方と調整する等確認したことから、8月の本番は何も心配することなく実施することができた。
これも風間先輩はじめ、地元の先生方、そして風間先輩の同期で合宿にも参加していただいた、森川会長・小屋先輩・内田先輩、そして事前の下見から同行いただいた大滝専務理事のおかげである。

今回の合宿にも、一般の先生が延べ約160名、高校生が述べ約100名が参加し、学生は先生方から稽古をいただき、高校生は学生と稽古をすることで「強化と交流」がしっかりできたと思っている。
なお、今年も秋田から、大館鳳鳴・花輪の二校、新潟から新発田南(河嶋(H元年卒))が参加してくれてありがたかった。

合宿期間中は地元の方もびっくりするくらい暑かったが、「交流」という今までにない経験の中で、心と剣道の両面で成長できたのではないかと思う。
来年は、滋賀県長浜市において、同じように福山先輩(昭和41年度卒)を頼って行なう。

そして、合宿が終わった次の週から過酷な練習試合ロードに突入した。

まずは京都遠征で昨年全日本学生大会3位と練習試合。
予想どおりボコボコにされました。

そしてボコボコにされた次の日全日本仏教系大会。
いい試合をしながらもがまん比べで負け。

帰京して二日後には関東学生剣道連盟に所属する大学監督が任意で作る「監督会」主催の練習試合で格上と数試合。
一日中緊張の連続。

そして、関東優勝大会前には調整合宿を行って、一週間後に9月11日の本番を迎えた。
選手は精神的にも肉体的にも相当の負荷がかかり疲労が残っていた。

でも、それは思惑があったから…。

さて、今日はこの辺で…続きはまた今度 > > >



by risken | 2011-12-27 23:00 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「回想:平成23年1月~4月」

監督の和田です。

東京は相変わらずの冬晴れ。
日本海側では大雪となり、名古屋でも雪が降ったようだ。
人の往来が激しい年末、出来るだけ天候は安定してほしいと思う。

平成23年もあとわずか。
今年の剣道部もいろいろなことがあった。
今日から何回かに分けて今年1年を振り返ってみたい。

さて、今年1月は「鏡開き」から順調にスタートし、2月には卒業生を送り出し、依田と中澤は強化対策のかいあって4年生としての自覚も芽生え、3月には春合宿をいい形で打ち上げ、その後の三連休は新潟県警等へ遠征をしようという矢先に大震災が発生。

そして全ての予定をキャンセルとなり、節電の影響もあって大学施設の使用が禁止の措置。
どこも一緒だったかもしれないが、全く先の見えない状況が4月中旬まで続いた。

しかも、私自身が会社からの命令で、被災地の大船渡・陸前高田に3/23(水)~4/1(金)の間に入り復興支援に当たった。
そこでは、電気・ガス・水もなく、住むところもない状況に不平や不満も言わず、現状のありのままを受け入れて生活している被災者の姿、自宅が流されてもあきらめることなく復興作業に従事している方の姿を見るたびに、日常の当たり前がどれだけ幸せなことなのかと考えさせられた。

そのような中、今回、被災地に行っている間、通信手段も限られていることから、学生とのコミュニケーションは難しいと考え、東京を発つ前に中村スタッフを監督代行として任命し、先の見えない剣道部の活動を支えてくれるように依頼していったわけだが、中村がしっかりと学生と連携し、様々な施設を借りて稽古を継続し、この難局を乗り越えてくれたことは、ある意味剣道部という組織に厚みが加わったと感じている。

そして、5月6日からようやく一か月遅れの授業が開始され、剣道部にも14名もの新入部員が入部することとなった。
やっとここで平成23年が再スタートとなった。
今年の新入生は、大崎キャンパスが2名、熊谷キャンパスが12名とやけに熊谷が多く、熊谷の道場がいっきに狭く感じられるようになったのはうれしい悲鳴というところ。

その新入生を見たときの最初の感想は「幼い…」。
私が年を取ったとことは認めるが、それにしても幼い感じがした。
親と子の関係、先生と生徒の関係、いろいろなものが私たちの時代と変わってきたということだと思う。

それでも、経験不足ではあるが「能力」という面では非常に高い者がいるし、何よりも明るい新入生達は期待できると感じた。

このような激動の中で始まった平成23年。
5月以降もいろいろなことがあった…。

では、この続きはまたあとで > > > >



by risken | 2011-12-27 00:14 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「強化対策にならず…」

監督の和田です。

東京は晴天のクリスマスを迎えた。
日本海側は大雪になっているようで、年老いた両親を雪国秋田に残している身としては本当に心配。
どうか「大雪の冬」にならないようにと祈る思い。

昨日の強化対策。
やはり慶多と高安は最後のメニューまでいかず…。

完全な準備不足。
足はつるは、○くは…。
12/10(土)の納会以降、今日のためにどんな準備をしてきたのか?
"甘い"の一言。
強化対策なっていない。

大の大人が暇でイブに稽古をしようと言っているのではない。
来年この2人が少しでも自信を持って部を引っ張っていけるように、薮田・中村両スタッフが自分と家族の時間を削ってこの場を設定している。
しかもこの稽古の実施は慶多と高安自身が望んだもの。

次回は1/14(土)10:00から国立の郵政道場で実施予定。
私と薮田・中村は東京女子体育大学の寒稽古に出席してから午前中にもかかわらず二部稽古となる。
慶多と高安には、今回の失敗を糧に自らの行動を振り返り、次回はしっかりと準備をして臨み、自分自身のために稽古をしてもらいたい。

さて、昨日の稽古に浅見が1月に入籍する予定の奥様を連れてきた。
最初に剣道に触れたのがこれでは少し刺激が強すぎたかな。。。と反省。

そのため?
例のように大崎の「ゆえん」で今年最後の第二道場。
○野くんより先に紹介してもらっちゃって…ごめんね。

それにしても、幸せそうな2人を見ていると、こちらまで幸せな気分になってくる。
クリスマスプレゼントをいただいたようなもの。
いつまでもお幸せに!!
そして素敵な彼女をいつまでも大切にね。


ところで、今年もあと数日。
お仕事の方も、28日(水)でひとまず納めとなる。

いろいろなことがあった平成23年。
明日以降、少し振り返ってみようかと思う。

今日はこの辺で…。



by risken | 2011-12-25 18:00 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「強化対策」

監督の和田です。

東京は連日晴れているが、とにかく寒い。。。
この三連休も寒い日が続くようだ。

さて、今年最後の水曜日の基本稽古会は出張により欠席。
本当に残念。

さらに本日もこれから出張…。
休日なのに嫌になっちゃうがしょうがない、、、

ところで、明日は新4年生の慶多・高安の第1回目の強化対策稽古。
薮田と中村の2人が中心になってメニューを考え、新4年生が「覚悟」をもって来年に臨んでもらえるようにするのが目的。
つまり技術的なことではなく、精神的なものを鍛える稽古。
2月まで計6回の予定。

昨年は、前主将の依田と前主務の中澤が行なったもの。
この2人は3年生までは、正直に言って「4年生としてやっていけるかな…」と思った。
ところが、この稽古を経験した後は「覚悟」ができ、それ以降は本当によくやってくれた。
ちなみに昨年の依田と中澤は、あまりにきつ過ぎて最後のメニューまでたどり着けず。
計5回の稽古は全て途中リタイア。
薮田と中村が"鬼"に見えただろうね。。。

さてどうなるか?
慶多と高安…。

この2人に関しては特に精神的に成長することが必須条件。
とにかく徹底的に鍛える稽古になるが、がんばってもらいたい。

明日は依田と浅見(H22卒)も参加するとのこと。
朗報だね、、、我々には…。

がんばるべー



by risken | 2011-12-23 10:34 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「お疲れさまでした…」

監督の和田です。

東京は連日の快晴!

土曜日は、11:00過ぎから大崎校舎道場で指導関係スタッフだけで稽古会。
自分達の稽古をタップリ1時間強。

内容は、基本稽古を40分⇒地稽古を20分⇒最後は面をつけた状態で一挙動を50本行なって終了。
結構汗もかいていい感じ。

この日、懸人が道場を明けてくれたので「一緒にやる?」と聞いたら「やります!」と即答…「やりません」とは言えんわなぁ(笑)
坂上さんは「指導者を独り占めできて幸せだねぇ~」だと…。

懸人は、稽古の内容はともかく精神的に辛かったです…との答え。
(気が抜くところがないからね)

そして、品川から東海道線で熱海へ。
滋賀の福山先輩からご紹介いただいた宿にチェックイン。

16:00から森川会長、大滝専務理事、坂上副部長も交えて、薮田・中村・坂田各スタッフ、勝女子コーチに私で今年の評価・反省に続き、来年の取り組みについて打合せ。
18:15に終了。

いろいろな意見が出て、とても有意義なものになった。
いいところもあり、改善が必要な部分あり、そして来年の方針を確認し、何より心を1つに取り組んでいくことを確認できました。
とにかく、みんな前向きで気持ちがいい。
特に今のいい流れをこのまま続けていくことが大切。

さて、その後は大きなお風呂に入り、さっぱりしたあとは忘年会のはじまり。
昨年も12月第三週に同じことを行なったが、あれから既に1年。
本当に時の速さを感じる。

そして長い夜は延々と続きましたとさ。。。

本当に楽しい時間でした。
来年も笑顔で1年を振り返られるように頑張りまっしょう!

①美味しい食事
d0171548_18582429.jpg



②美味しい食事
d0171548_18584447.jpg



③夜は延々と…
d0171548_18585642.jpg



④宿の窓から夜明けの海を望み…朝6:15(初島を望んで)
d0171548_18591360.jpg




by risken | 2011-12-18 19:01 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「情熱をもって」

監督の和田です。

東京は晴天が続いているが、それにしても寒い…。
今日は秋田から本格的な雪景色となったと知り合いからメールがあった。

15日から年賀状も引き受けになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝く。
そろそろ平成23年が暮れようとしていることを実感する毎日。

それでも、高校・中学と全国大会で勝利を目指しているところに年末気分などないようだ。。。
この週末には日体大主催の中学生の大会が開催され全国から参加するようだし、12/26から28にかけて千葉では全国から高校生が集まって練成会を行なうとのこと。

そういえば私も中学生のときは年末年始でも1~2日程度休みがあっただけだった。
雪降る中、先生のワゴン車に乗って高速道路を走り、各地の中学生、ひどいときには高校生と練習試合をした。
今思い返せば、先生もそれだけの情熱を私たちに注いでくれたのだと思う。

指導とは情熱が必要なのだと実感している。

子供の頃から私の周りにはそういう先生達がたくさんいた。
つまり私は幸せな環境にいれたということ。

今の学生達からいずれそういうように思ってもらえるように、私自身も情熱を持って臨んでいきたいと思う。
明日は今年の評価・反省をする打合せ。

さて、どんな評価・反省となるか…。
来年につなげていけるようにしたい。



by risken | 2011-12-17 01:21 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「意識する大切さ」

監督の和田です。

東京は朝方が雨で、午後から曇り。
気温は平年並みというところ。

今日は基本稽古会。
ところが、今日も出張で先ほどやっと東京に戻ってきたところ。。。
稽古できず(泣)

来週は今年の最後の基本稽古会にも関わらず、またもや出張が入っている。
あぁ~あ。

さて、この間の草稽古会では、何点か課題として取り組んでみた。
①左手を中心から外さない、②打とうと思わない、③剣先を高くしないの3点。

ところが…。
①は当然のことながら出来ず、②まったくだめ、③剣先は前に比べれば低くなったものの前傾して構えている姿にうんざり…。

ある強豪大学の指導者と一杯飲んだときに「学生に指導していることについては、自分自身が稽古する際にも必ず言い聞かせている」とおっしゃっていた。
私自身も取り組んでいることたが、今回の稽古で改めて大切だと実感した。

学生に言っていることは、自身も常日頃から意識して取り組んでいくべきあり、実践できればなおいい。
自分は意識も何もせず、過去の経験だけで話しても学生には響かない。

それにしても、真面目に取り組めば取り組むほどに課題が次々挙がってきて優先順位をつけなくてはどうにもならなくなってきた…。
どうするべ~~。。。

いずれにしても①・②・③は数多くある課題のほんのちょっと。
がんばるべ~~。。。

ところで、今週土日は、指導関係スタッフが集まって、橘会から森川会長・大滝専務理事、大学から坂上副部長が参加して、今年の評価・反省を行ない、来年の重点指導項目を決める打合せを行なう。
もちろんお連れさま会もね。
場所は秘密…温泉あるかもね???

今日はここまで >>>>



by risken | 2011-12-14 23:58 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「ありがとうございました」

監督の和田です。

東京の土日は快晴!
まさに冬晴れ。

土曜日は12月期草稽古会と納会が行なわれた。
合わせて新幹部が発表となり、慶多が新主将として任命された。
これからのがんばりに期待したいところ。
厳しい道がまっているが、我々指導関係スタッフも全力でサポートするつもりであり、躊躇なく物事を進めてもらたい。
そして、3年生以下は、今年の成果は最低限のものとして、来年は各自がもうひとつ階段をのぼるがごとく、地道に当たり前のことを当たり前に取り組んで進んでもらいたい。

その分、4年生はお疲れさま。
納会の挨拶の中で、大滝先輩から「自分が5年間見てきた中で、一番4年生らしい4年生であり、とてもよい幹部だった」と最大級のオホメの言葉をいただいた。
私も同感。

本当によく頑張ってくれた。
残りの学生生活は、後輩の面倒を見つつ、今まで剣道部の活動で犠牲にしてきた友達と旅行に行くとか、ゼミの仲間と触れ合うとか、"遊び"も大切にして過ごしてもらいたい。

ところで、昨日も坂上副部長に職員の渡邉さん、その他卒業生がたくさん参加してくれた。
昨年以降、卒業生の関わりも本当に増えてきている。
学生・卒業生・指導関係スタッフが三位一体となって剣道部がいい方向に向かっている。

さて、これで平成23年の剣道部の行事は全て無事終了。
学生は自主稽古期間に入る。

この1年、大きな事故や怪我もなく過ごせたことに感謝し、ひとまずお疲れさまとなった。
関係してくださった全ての方に感謝申し上げる。



by risken | 2011-12-11 18:30 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

「暑く熱い合宿、そして感謝…」
at 2019-08-13 19:59
「行ってきます…」
at 2019-08-01 21:39
「どっちだべぇ…」
at 2019-07-29 21:16
「創部・戦後61周年…」
at 2019-07-23 19:24
「前期終了…」
at 2019-07-16 21:08

検索

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月

最新のコメント

ありがとうございました。..
by risken at 21:54
選手、応援の学生、指導陣..
by 卯月会 毛利 at 11:54
お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル