立正大学体育会剣道部 指導関係スタッフブログ「真面」 MAMEN

「腹」

監督の和田です。

今日は晴れて昨日とは一転して夏の空。
でも、オフィスは空調が効きすぎて寒く、外の暑さはまったく感じない。
そのせいか体が冷えて体調は下降気味。

さて、今日の大学の稽古は18:00から。
木曜日は、授業が入っている者が多く少人数での稽古。
私達の頃は、昼間、夜間の学生の授業ははっきり分かれていたので、ほとんど影響は無かったが、今は昼間・夜間関係なく授業を取れるので、このようなことになる。

稽古に行ったのが18:40頃。
既に基本稽古を行っていた。
真面目にやっているが、う~ん…気になったのは、「腹ができていない」ということ。
特に「応じ技」の際に、約束稽古にもかかわらず手元が浮いていしまう。
だから思ったように打てない→イライラする→自分勝手な剣道になってしまう。

こまったね。
つまり相手と対峙しているときにどんな気持ちの持ちよう(=腹)でいればいいのか曖昧だということ。
急きょ稽古内容を変えて「気持ちの持ちよう」と「我慢」を研究する稽古に変更。
そうするとわかったのか、それなりの基本稽古になる。
これではダメだよって言いました。
明日からは自分達で気が付いてね。

それで最後は最近行っている一人ずつ掛かり稽古と打ち込みを受ける。
でもこれが痛い…。すき放題打つからね学生は(まぁ「打ってこい」って気合かけてるのは私だけど)。
この稽古は先日稽古に行ったある高校のM先生が行っていたものの受け売り(いいものはすぐに真似しちゃうので学生は嫌な顔してたな(笑))。
そして、本当の最後は主将と一本勝負。

見られていると感じることで腹の出来具合が違ってくる。
ラストで一本いい面が出ました。
あとは躊躇しないことと、たたみかける攻撃がほしいところ。

ところで、明後日は6月期の草稽古会が12時から大崎校舎道場で開催される。
今回もまた、たくさんの卒業生・先生方が参加してくれるとありがたいですね。
管先輩待ってますよ!

今日はここまで…。
(ラーメン屋は寄り道せず!)
[PR]



# by risken | 2010-06-17 23:23 | 監督 | Trackback | Comments(0)

ひたむきな姿勢とラーメン屋…

監督の和田です。

うっとうしい梅雨空。

昨日大崎校舎は18:00から稽古。
基本稽古から学生と一緒に行ったが、ジメジメした中での稽古は心と体の体力が必要と実感。

ところで、昨日大崎の一年生部員が1名増えた。
これで大崎、熊谷合わせて7名の新入部員。昨年、一昨年が各2名だったことを思えばありがたいの一言。
さらに、秋田のI先輩から今高校三年生で、来年「入部したい」と言ってくれている生徒がいると情報提供あり、他にも情報提供をいただいたので今から楽しみ。

さて、今年の一年生は、高校時代にそれなりに経験を積んできた者、それほどでもない者、高校では剣道部に入部していなかった者とバラエティに富んでいる。
実は途中で投げ出すかな?と思っていた子もいたが、"ひたむき"に稽古に取り組んでいるところはとても好感がもてる。
手の内、素振り、姿勢など修正が必要な部分はたくさんあるが、とにかくうまくなりたいと真剣に取り組んでいることがわかる。

では最近の自分はどうか?
一年生部員より剣道にひたむきに取り組んでいるか…自信がない。
今日も大切な基本稽古会を休まなくてはいけなかった(仕事だけど)。
剣道には勝つこと、昇段と分かりやすい目標はあるが、それ以上に大切な「地道に稽古を積み重ねること」、つまり"ひたむきな姿勢"を一年生部員から学んだ。

ただ、残念なのはそのまま家に帰ればいいのに、平成18年度卒のNくんとやっぱり第二道場に出撃してしまった。
稽古で真人間になり、第二道場でただの人に戻ってしまった…(反省)。
でもこの反省は学生時代から20年たっても残念ながら生かされたことがない、、、、しかも自宅近くに最近一○堂という流行のラーメン屋ができたのでふらふらと入ってしまった(なぜだぁ~)

明日も稽古に行こうと思っているが、ラーメン屋だけはやめよう(違うか…)。


ちょこっと違う話題。
この間、平成17年度卒業のS田くんから連絡があり、先日、日本武道館で開催された実業団大会に所属する会社の選手として出場し、ベスト8で終わってしまったとのこと。
それでも卒業生の活躍はうれしい限り。
この間、稽古していても本当によくなってきました。
なお、この大会で優勝した伊田テクノスさんは、5月のGW中の合宿に何名か稽古に来ていただきました。
おめでとうございます!
またきてください!
[PR]



# by risken | 2010-06-16 21:34 | 監督 | Trackback | Comments(0)

今日は合同稽古

監督の和田です。

今日は大崎校舎道場は日曜日で使用できず、熊谷校舎道場も他団体が使用することから立正中高道場をお借りして稽古。
現在、経営・経済・文学・心理・仏教の各学部は1~4年までが大崎校舎で学び、地球環境・社会福祉・法学の各学部が1~4年まで熊谷校舎と学んでいるので、平日はそれぞれの校舎で稽古をしている。
そんなことから日曜日は皆がそろう大切な稽古日。熊谷から大崎、大崎から熊谷、交通費と時間はバカにならないが、学生は目標にむかってひたむきに稽古に取り組んでいる。

今年は、4月から伊藤主将を中心に普段の稽古内容を今まで以上に整理し、ポイントを絞って取り組んできたので、最近少し力が付いてきたのではないかと感じている。
でも、普段の稽古だけでは目標を達成するのは難しい。やっぱり学生自身の工夫や努力、つまり+αが必要。
今日も稽古後、昨日の世田谷六大学の審判をした際に感じたことと合わせて話してみた。

さて学生はどう感じてくれたか…。実行してくれるか…。
[PR]



# by risken | 2010-06-13 17:08 | 監督 | Trackback | Comments(0)

今日は審判

監督の和田です。

今日は東京女子体育大学剣道部からの派遣審判として世田谷六大学の審判をしてきま
した。
東女体大の監督が高校時代の先輩という事で昨年に引き続き依頼があったもの。

うちの学生は埼玉大学に出稽古に行くのでどうしようか迷いましたが、いつもお世話になっている先輩への恩返しということで、うちの学生は大保木先生にお願い。
さて、世田谷六大学の参加校は国士舘大・日体大など関東大会でも常に上位に食い込む大学ばかり。
審判をしながら私が勉強しました。

結果は男女とも国士舘大学が優勝。
うちも少しでも近づきたいところ。
[PR]



# by risken | 2010-06-13 00:07 | 監督 | Trackback | Comments(0)

「真面」はじめます。

監督の和田です。

本日から「真面(まめん)」と称する指導陣ブログを開始します。

さて「真面」とは…。
私が師事している原嶋茂樹先生(教士八段)が好んで使われる言葉で、打突部位として
は、面の中心を打つ面のことですが、剣道を学ぶ上での精神的なものとして、真っ向勝負で相手の心に響く面を打つこととしています。
つまり、立正大学体育会剣道部は、この「真面」を打てるようになるべく日々稽古を重ねていますので、このブログも「真面」としました。
これからは、学生の近況や指導上感じたこと等について、できる限りタイムリーにちょっとした事でもお伝えできればと考えています。

よろしくお願いします。

明日は世田谷六大学大会の審判をしてきます。
[PR]



# by risken | 2010-06-11 21:02 | 監督 | Trackback | Comments(0)
指導関係スタッフブログ 「真面」
by risken
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

「不覚にも…」
at 2018-11-16 21:00
「立冬なのに…」
at 2018-11-07 22:41
「日々を大切に…」
at 2018-11-02 20:52
「ありがとうございました…」
at 2018-10-29 14:49
「よくここまで…」
at 2018-10-25 22:44

検索

最新のコメント

ありがとうございました。..
by risken at 21:54
選手、応援の学生、指導陣..
by 卯月会 毛利 at 11:54
お疲れ様でした。陰ながら..
by ブー at 22:56
いい試合でした。
by 太田 英邦 at 07:38
和田先生、当会も大変お世..
by 卯月会 毛利 at 13:00
和田先生、今年も一年、お..
by 卯月会 at 21:52
コメントありがとうござい..
by risken at 19:22
和田先生、いつもご指導、..
by 卯月会 毛利 at 13:48
こちらこそ大変お世話にな..
by risken at 00:32
和田監督、先日は草稽古に..
by 卯月会 毛利 at 17:16

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル